食事・おやつ・ドリンクにも入れられる!毎日青汁を続けるための美味しいレシピ

美容と健康に役立ってくれる優秀なアイテムである青汁は、毎日の食生活に取り入れることが大前提です。無理なく青汁を取り入れる秘訣は、ズバリ美味しく摂取することです。美味しいレシピを活用することで毎日楽しく飲み続けることが叶うでしょう。

青汁はいろんなレシピに入れられる

青汁はもちろんそのまま飲むことができますし、気軽に摂取することができる、素早い栄養補給が可能な健康食品です。また、その便利さが大きな魅力のひとつでもあります。

近年の各メーカーから販売されている青汁は、どれも味に工夫がされており、とても飲みやすいのが特徴です。無理なく美味しく飲むことができるので、過去の青汁イコール味が良くないというイメージはありません。
ここがポイント!
しかし毎日ただ青汁を飲むだけでなく、少し違う楽しみ方をして新たな発見をすることで、より青汁を美味しく摂取することが可能になります。

青汁はいろいろなレシピに活用することができる素晴らしアイテムです。食事メニューからデザート、ドリンクまでさまざまな青汁レシピは、小さいお子様にも喜ばれること間違いなしです。

レシピの種類 作り方
食事 固形コンソメスープに合わせたり、小麦粉に練りこんだりするだけで健康的な食事が出来上がる。
おやつ チョコレートやプリン、ホットケーキに粉末タイプの青汁を入れることで、甘いだけじゃないおやつが完成する。
ドリンク 基本的な牛乳や豆乳に混ぜるだけで、栄養満点のドリンクが作れる。

また、レシピによっては一緒に摂る食材に含まれている栄養の違いにより、便秘改善やダイエット効果など、目的別に組み合わせることが可能になるでしょう。

青汁で作るおすすめの食事レシピいろいろ

スープで割るだけで立派な一品に変わる

青汁と牛乳で簡単に青汁ミルクスープが出来上がります。ただスープで割るだけで手軽にでき、かつ立派な一品メニューとしても重宝するレシピです。

約1人分から2人分の分量
  1. まず鍋に牛乳300mlと青汁1包と固形コンソメ1個を入れます。
  2. 十分にかき混ぜながら煮溶かしていきます。
  3. 火は沸騰する直前に止めます。
  4. 最後に、塩、胡椒で味を調えれば完成です。
メモ
もちろんお好みの野菜を入れ、具だくさんのスープとしてもアレンジできます。冬の肌寒い時期など、この温かい青汁スープは朝食にもぴったりです。

鍋を使わず、電子レンジでもっと簡単に作るレシピもあります。忙しい方もホッとする美味しさの青汁ミルクスープは、牛乳のカルシウムも同時に摂取できます。

粉末を天ぷらやフライにつける食べ方も

青汁は植物から出来ているのでお料理との相性も抜群です。特に青汁の粉末を天ぷらやフライにつけるレシピは、初めて青汁を食事メニューに取り入れる方にも気軽にできます。

普段の天ぷら作りやフライ作りにぜひ青汁の粉末を活用してみてください。レシピはとても簡単です。青汁を天ぷらの衣やパン粉に加えてあげるだけおいしくなります。

仕上がりは綺麗な緑色になりますので、より一層天ぷらやフライが豪華になるでしょう。また、揚げることで青汁のもつ香りが漂い、食欲もアップしてくれること間違いなしです。

普段野菜嫌いでなかなか野菜を食べてくれない方にも、天ぷらやフライの衣に青汁粉末を混ぜてあげることで、しっかりと栄養補給ができバランスの整った食生活へと導いてくれます。

ここがポイント!
青汁は作り方次第でおかずのレシピにも応用できます。粉末をつけるだけでも彩が豊かになり、お客様へのおもてなし料理としても最適でしょう。

ハンバーグの繋ぎに使えば健康的なメイン料理に

天ぷらやフライだけでなく、ハンバーグの繋ぎに使用することでヘルシーなハンバーグレシピの完成です。誰もが大好きなハンバーグに青汁を使うことで、野菜不足解消が期待できます。

青汁のパウダーを混ぜ入れる段階は、ひき肉を練り込んで形を形成する部分で使用します。お肉に青汁を入れることで、味を損ねてしまうのではないかという心配は無用です。

メモ
最近の各青汁商品は苦味があまり無く、お肉の味を損ねることなく野菜の栄養を十分に摂取することができます。

ハンバーグレシピに一工夫するだけでヘルシーなハンバーグが完成し、粉末状なので野菜嫌いなお子様も、野菜が入っていることに気付かず美味しく食べて頂けます。

ここがポイント!
これまで苦手な野菜を細かくカットしたりするなどの苦労もなく、青汁粉末一つで解消することができるのは助かるでしょう。

青汁で作る甘いおやつのアレンジレシピ

子供には牛乳と合わせて飲ませよう

牛乳にはカルシウムが豊富に含まれているので、ご高齢の方にはもちろん、育ち盛りのお子様には大切な栄養素です。

お子様にはぜひ、青汁を牛乳と合わせて飲ませることがおすすめです。青汁ミルクスープも最適なレシピですが、よりデザート感覚がある作り方は子供に喜ばれるでしょう。

メモ
青汁入りホットチョコレートドリンクは、青汁をより美味しく頂けます。デザートとしても活用できるレシピは覚えておくと何かと重宝するでしょう。
ホットチョコレートドリンクのレシピ
  1. お好みの量の牛乳を鍋に入れます。
  2. そこに青汁を1包入れます。
  3. お好みの量のチョコレートを入れていきます。
  4. チョコレートが溶け青汁に馴染んだら出来上がりです。

暑い時期は冷たく冷やして、寒い時期はホットでお召し上がりください。普段のココア飲料の代用としても大活躍し、気軽に甘いドリンクで青汁が摂取できます。

クリームに入れればケーキがヘルシーなおやつに

甘いものが食べたいときも無理に我慢せず食べることができます。その秘密はケーキに青汁を使い、ヘルシーなおやつレシピにすることです。生クリームを使ったり、カスタードクリームを使ったケーキになどにもぜひ青汁を入れてください。

ココアパウダーや抹茶パウダーの代用としての感覚で、気軽におやつのレシピに活用することが可能です。味も抹茶に近く、美味しいデザートが楽しめます。

また、いつものデコレーションケーキに青汁を加えることで、程よいグリーンの色になり、見た目も華やかな印象のケーキになります。カップケーキのクリームにも栄えます。

ここがポイント!
さらに健康的なおやつレシピを作りたい方は、使用するお砂糖を白砂糖ではなく、黒糖やオリゴ糖、きび砂糖など、よりヘルシーなものに変えることも良いです。

プリンにすれば抹茶風味で味わい深くなる

青汁でプリンを作れば、抹茶パウダーを使っていないのに抹茶風味の味わい深いプリンが完成します。

材料は次の通り
牛乳300ml、青汁は3g、ゼラチン5g、砂糖、はちみつ共に大さじ1杯になります。
レシピ
  1. お湯は50㏄必要で80度以上のお湯を用意します。
  2. 砂糖はできるだけヘルシーなお砂糖を選択すると良いです。
  3. まずゼラチン、青汁、砂糖を耐熱ボウルに入れよく混ぜます。
  4. 80度以上のお湯を少しずつ混ぜ入れていき、はちみつも入れます。
  5. 最後に牛乳を少しずつ入れ、よく混ぜ合わせたら容器に流し入れます。
  6. 冷蔵庫でよく冷やし固めたら青汁プリンの完成です。

栄養たっぷりなこのプリンレシピは、妊娠中の方にも方にも最適で栄養補給ができるスイーツとして重宝します。

小麦粉を使う料理のほとんどは青汁を練り込める

とにかく青汁はどんな料理にもぴったりです。小麦粉を使う料理全般的に青汁を使用できますし、レシピは練り込むだけで良いのです。

パンケーキやお菓子作りなど、どんなものにも練り込むだけで栄養満点のデザートへと早変わりしてくれるのです。

パウンドケーキを焼くときやクッキーを焼くときなど、ぜひ生地に青汁を入れたレシピを作ってください。また、一緒に黒豆や小豆など和のテイストを加えると、青汁の抹茶味にぴったりで美味しい和菓子スイーツの完成です。

栄養バランスが崩れやすいご年配の方にも、青汁を練りこんだお菓子はおすすめです。美しいグリーンがより和菓子を引き立ててくれるでしょう。簡単に野菜の栄養素を吸収できて、デザートからパン作りと、多様な活用ができる青汁は台所で大活躍してくれます。

青汁で作るドリンクアレンジレシピ

初級者はフルーツジュースに混ぜて飲もう

初めて青汁を飲む方はお水ではなく、フルーツジュースに混ぜて飲むアレンジ方法がおすすめです。より青汁が飲みやすくなるでしょう。

フルーツに含まれているビタミンやミネラルが青汁の栄養素と合わさって、より健康効果が高まります。とくに果物のビタミン類は美肌の効能があるので、フルーツジュースを組み合わせるレシピは人気となっています。

甘いフルーツジュースと合わせることで、青汁がもつ若干の苦味も緩和されます。また、果物の自然な甘みが青汁と合わさってたいへん飲みやすいドリンクになります。

どんなフルーツジュースとの相性も良く、その日の気分で選んだフルーツジュースに混ぜて召しあがることが可能です。また、レモン果汁を入れてもおいしくいただけます。

ここがポイント!
特におすすめはリンゴジュースです。リンゴには水溶性食物繊維のペクチンが含まれており、便秘解消にも役立ってくれます。

レシピは、リンゴジュース約150ccに青汁1包をよく混ぜるだけです。朝食時に一緒に飲むことで、慢性的な便秘に悩まされる方を心強くサポートしてくれる期待が高まります。

豆乳に混ぜれば栄養満点ドリンクに

青汁を豆乳に混ぜると栄養満点ドリンクの出来上がりです。豆乳は畑の肉と呼ばれる大豆から出来ており、低カロリーかつ理想的な栄養バランスをもつ豆乳はまさに栄養満点ドリンクレシピにぴったりな飲料です。

そしてダイエット中にも豆乳はおすすめの飲み物だと言えます。豆乳は脂肪の吸収を抑えてくれる働きがあり、基礎代謝をアップさせることに役立ちます。基礎代謝の向上は痩せやすい体作りに不可欠です。

青汁と豆乳を混ぜた栄養満点ドリンクは、青汁に含まれている野菜のパワーと豆乳の大豆パワーの恩恵を受けることができ、それぞれの栄養素を余すことなく摂取できるのがポイントです。

レシピは、青汁1包に対して豆乳を約180mlから200mlで割るだけです。上手く作るコツは、初めに少量の水で溶かし、そこに分量の豆乳を加えることでダマができづらくなります。

ヨーグルトに混ぜると乳酸菌で便秘改善効果も

青汁とヨーグルトを合わせるだけのレシピですが、その効果はかなりのものです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌と青汁の食物繊維が合わさって、便秘の改善に効果を発揮します。

メモ
青汁の原料はケールや大麦若葉です。これらの野菜には豊富な食物繊維が含まれており、お通じの改善へと導いてくれます。

また、乳酸菌によって腸内環境がきれいになると、ニキビや肌荒れが治ったりむくみがとれたりすることがあります。そのためヨーグルトと青汁のレシピは、美容効果にも期待できるでしょう。

男性に比べて便秘に悩むのは圧倒的に女性が多いです。その理由はホルモンが関係しています。

女性は生理の周期によって「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」が分泌されます。このホルモンは妊娠するための準備に必要なのですが、そのために便秘になることもあるのです。

どうしても便秘がちになってしまう女性にとって、乳酸菌や食物繊維は積極的に摂りたい成分であると言えます。

ですから青汁とヨーグルトの組み合わせはとてもおすすめです。お好みのヨーグルトに青汁の粉末をかけるだけで出来上がります。アレンジレシピとしてきな粉やオリゴ糖、バナナなどを加えてもおいしいでしょう。

乳酸菌入りの青汁についてはこちらで詳しく紹介しています。→お腹の調子を整えるのに最適!乳酸菌入りの青汁がどんな働きをするのか詳しく解説