青汁の味が苦手な人もこれなら大丈夫!サプリメントで手軽に栄養素を摂取

健康のために野菜は欠かせません。体のために野菜不足を補ったり、美容のためにビタミンを摂取できたり、青汁にはメリットがたくさんあるのです。

さらに青汁には錠剤など粒タイプのサプリメントもあり、お手軽に摂取できる特徴があります。それでは青汁の粒タイプについて紹介します。

青汁のサプリメントの特徴とメリット

独特の匂いなどを感じずに栄養素を摂取できる

青汁は健康に良いと分かっていても、昔からのイメージが強く「まずい、苦い、青臭い」と敬遠している人もいるのではないでしょうか。

メモ
青汁の原材料とはケールや大麦若葉、明日葉や長命草などいくつかあり、特にケールは苦みと青臭さなど独特で、この味やにおいが青汁らしさでもあります。
最近ではこのケールのにおいや味を抑えたものなどもあり、味も抹茶風味でおいしい商品もありますが、どうしても苦手な人には青汁のサプリメントが便利です。粒状の青汁を水で飲むので、味もにおいも感じることなく摂取することができます。

もちろん、決められた量を飲むことで肝心な栄養も摂取できます。青汁に興味があっても、独特の味やにおいで続けていくことができるのか不安という方も、始めやすいのがサプリメントです。

また、最近だと生の野菜に含まれている酵素が良いということで、野菜をスムージーにして飲むことが流行っていますが、メーカーによってはサプリメントでもしっかり酵素が配合されている商品があります。

生野菜だとやっぱり青臭かったり独特のクセを感じるでしょうが、サプリメントだとそのような心配は必要ありません。今まで青汁の味に断念した人に人気の健康食品が、青汁サプリメントなのです。

サプリメントなら手間が少ないので続けやすい

青汁をサプリメントにすることで、簡単に摂取することができます。一般的な青汁は、粉末を水や牛乳などに溶かして飲む必要がありました。粉のままでも摂取することは可能ですが、とても飲みにくいです。

時間がない場合でも、青汁を飲むには水と容器が必要になってしまいます。しかし粉末青汁と比較しても、青汁のサプリメントなら水さえあれば飲めるので、手間がかからず続けやすいのです。持ち運びもできるので、自宅以外でも飲むことができます。

青汁サプリメントの活用方法
  • 会社のランチタイムで手軽に
  • 遠出先や旅行中に
  • 友人宅でのお泊り会に
このように粉末青汁とは違って、場所を選ばず気軽に青汁を摂取できるのがサプリメントなのです。

ここがポイント!
青汁は健康の習慣として続けることでメリットが現れる物となっています。ですから女性でも男性でも、自分に合ったスタイルで継続することが大事だと言えます。

溶かして飲むという作業が面倒に感じることなく続けられるのが、青汁のサプリメントの良いところと言えます。持ち運んでもにおいが気にならないのも特徴として挙げられるでしょう。

純粋に栄養価だけで商品を選べる

青汁のサプリメントはいくつかのメーカーから販売されています。そしてサプリメントと違って粉末の青汁を購入する場合だと、まず気になるのが味ではないでしょうか。

メモ
青汁特有の味を抑える工夫がしてあったり、他の野菜をプラスすることで飲みやすくしたりと種類が豊富です。

それだけでどの青汁が良いのか迷ってしまいますが、サプリメントなら味やにおいを感じる必要がないので、それぞれの商品の栄養価を比べて自分に必要な物を探すことができます。

味やにおいはしなくても、使用している原材料の違いから栄養価はそれぞれ違うのです。栄養を比べて、健康増進、美容面のサポートなど、自分が必要としている青汁のパワーを摂取することができます。サプリメントの青汁にはこのようなメリットがあるのです。

青汁に使用している原料 期待できる作用
ケール 野菜不足から来る生活習慣病の予防
明日葉 デトックス効果による便秘の改善
大麦若葉 含まれているビタミン類による美肌効果
桑の葉 血糖値を下げることから糖尿病の予防に効果的

青汁サプリメントはこのように栄養価だけで選ぶことが可能です。また、乳酸菌が入ったサプリメントだと腸内環境を整えてくれる働きにも期待できるでしょう。

乳酸菌の青汁についてはこちらで詳しく紹介しています。→お腹の調子を整えるのに最適!乳酸菌入りの青汁がどんな働きをするのか詳しく解説

ここがポイント!
このように自分の症状に合った青汁を摂取できることから、粉末はダメだったけどサプリメントなら続けられたという意見が、レビューや口コミでも多くあります。

ビタミン剤よりも健康的な摂取方法である

青汁をサプリメントで摂取するなら、ビタミン剤でも良いのではと感じるかもしれません。しかしビタミン剤と青汁には製造方法の違いがあります。

ビタミン剤というのは、化学的に作られているので体質によって体内で吸収しにくい場合があります。また、ビタミン剤は病気等で必要なビタミンが低下しているときに短期間で服用するのに向いています。

反対に青汁のサプリメントは、天然の栄養素のため吸収しやすいという特徴があるのです。さらに青汁を凝縮した食品であるので、長期間摂取するのに向いていると言えます。

青汁は不足している野菜やビタミンを補うために、健康的な長期間の摂取に適した方法なのです。ビタミン単体で摂取するよりも、他の栄養素もふくまれていることで吸収率がいいところが青汁のサプリメントになります。
メモ
健康的なライフスタイルを維持するためには、サプリメントや健康食品を活用しながら元気に過ごしましょう。

薬ではないのでリスクも少ない

青汁のサプリメントは、薬ではないので飲み続けるうえでも心配が少ないのが特徴です。そもそも薬は「毒」でもあります。飲み続けることで体の負担になる場合もあるでしょう。

必要な成分以外にも添加物などが多く含まれていることもあるのです。それに対して青汁は、ケールや大麦若葉、明日葉などの植物を絞ったもので、食品として扱われています。

メモ
錠剤にするときに多少の添加物を使用することもありますが、無添加の青汁サプリメントも販売されています。

また、無添加だけでなく、原材料すべてを国産にこだわった商品もあります。毎日飲んでいくものですから安全性にはこだわりたいものです。商品選びに安全性も加えて、自分に合った青汁サプリメントをチェックしてください。

青汁が食品であることでも健康へのリスクが少ないと想像できますが、無添加のサプリメントならより安心して長期間飲み続けることができます。青汁サプリメントは健康増進のためにぴったりのアイテムです。

青汁サプリメントを摂取する場合の注意するべきポイント

粉末よりも吸収率は低くなる

サプリメントを摂取するうえで気になるのは、ちゃんと体内で吸収されているのかが挙げられます。青汁は一般的には粉末を溶かして飲む方法が浸透しているので、サプリメントはどうなのか気になるところです。

ここがポイント!
実際のところ、吸収率が良いのは粉末の青汁です。粉末は水に溶かしてから飲むので、体内で吸収されやすいのが特徴となっています。

サプリメントの場合は水で飲み込んで、その後溶けて体に吸収されていきます。飲みやすさを優先すると、消化や吸収にデメリットが出るのです。

とはいえ、サプリメントの飲み方によっては吸収率を高めることが可能となります。それは食事の後に飲むことなのです。食事で食べたものが消化されるのに合わせてサプリメントも溶けるので、吸収が良くなります。

このように、青汁のサプリメントを効果的に摂取しようと思ったら飲み方も大切になることを覚えておきましょう。

腹持ちが悪いのでダイエットには向かない

青汁の利用方法はただ飲むだけではありません。水や牛乳に溶かして飲むことを利用してダイエットをすることができます。水分が多いので満腹感を感じるからです。

一方で青汁のサプリメントになると、コップ一杯程度の水で飲み込むので、腹持ちは期待できません。そのため、青汁サプリメントを飲むということでダイエットをすることもできないのです。

ここがポイント!
ですが毎日継続して青汁のサプリメントを飲むことで、太りにくくなることが期待できるかもしれません。
特に野菜をまったく食べないような食生活の人には、手軽にできるダイエットの一歩になるのでおすすめです。ただし、青汁だけでのダイエットは栄養が足りなくなる可能性があるので、青汁は栄養を補うものと考えたほうが良いでしょう。

人によってはサプリを飲む行為がつらくなることも

青汁のサプリメントは味やにおいを感じることがなく便利ですが、飲む量は商品によって様々です。粉末の青汁の量に届くためには飲む量が多くなってしまう場合があるのです。そうなるとサプリメントを飲むことがつらいと感じるかもしれません。

サプリメントは3粒程度で良いものから、10粒飲むものもあるのです。それを飲むために大量の水を飲むのがつらかったり、青汁に含まれる食物繊維でお腹が緩くなってしまい、つらかったりすることがあります。

特に食物繊維はお腹が緩くなる以外に、お腹の張りの原因になることもあるのです。健康に問題が出たら使用を中止するのが大切だと言えるでしょう。

メモ
購入の前に成分を比べたり、一日に飲む粒の数を確認するなど、自分の体質に合った青汁を探すのが健康に良いと言えます。

サプリメントの摂取目安はきちんと守ろう

健康にいいから、ダイエットになるからと大量に摂取しても効果が高くなるわけではないので、きちんと目安を守ることが大切です。

過剰に摂取しても体が必要とする栄養の量を超えると、尿などになり体外へ排出されてしまいます。また、多く摂りすぎることで、お腹が緩くなることや、お腹が張ってしまうことがあります。

これは、青汁サプリメントに含まれる豊富な食物繊維が原因です。また、摂取量が少なくても意味がありません。

サプリメントの摂取目安を守ることも大切ですが、飲むタイミングを分けることも必要です。一度に一日分をすべて服用するのではなく、目的に合わせて時間や回数を分けると、メリットが出やすいとされています。
ここがポイント!
便秘解消やダイエットなど、目的が変わることで飲むタイミングも変化しますので注意してください。

ほかのサプリメントとのバランスを考えて摂取しよう

青汁のサプリメント以外にもサプリメントを使用する場合は、栄養のバランスを考えてからにする必要があります。例えば青汁のサプリメントと食物繊維のサプリメントは控えた方が良いかもしれません。

食物繊維が過剰になると
  • 腹痛やお腹がゆるくなる
  • ガスがたまってお腹が張ってしまう
食物繊維の過剰摂取になると、上記のような症状が出てしまうなんてこともありますので注意してください。

青汁のサプリメントと相性が良いサプリメント、悪いサプリメントがあるのです。相性が悪いものは、ミネラルやデトックスの作用があるもので、これらは青汁の栄養の吸収を邪魔してしまうと言われています。

また、青汁の成分の吸収を助ける栄養素を摂取するという方法もあります。このように、ほかにもサプリメントを使用している場合はバランスが大切になるのです。