中年世代は特に注目!飲みやすいのに大麦若葉を超える栄養価を持つはちみつ青汁

はちみつ青汁ははちみつが含まれているので、ほんのり甘くて飲みやすいです。主原料はケールを採用し、大麦若葉を超える栄養価が期待できます。野菜は特に中年世代の人に不足している傾向があるので、青汁を飲んで取り入れたいものです。

はちみつ青汁には美味しいだけじゃないメリットがたくさん

はちみつ青汁はレビューや口コミでも美味しいと評判

はちみつ青汁は非常に飲みやすいと口コミでも人気で、お子さんの愛飲者も数多くいます。子供がおいしいと感じるものは失敗がないと言われているので、はちみつ青汁の味は保証されているでしょう。

キューサイの青汁と言えば「まずい!もう1杯!」という、強烈なフレーズを印象付けていたコマーシャルが思い浮かぶと思います。しかし今では子供にまで美味しいと言われるほど進化しています。

子供は自分の気持ちに正直ですから、おいしくないものはハッキリと言うものです。口コミでは95%の人がおいしいと答えているので、今までの青汁に失敗した人にもおすすめとなっています。

はちみつ青汁のアンケート結果
  • おいしい
  • 飲みやすい
  • 口当たりがよい
このようなコメントが多数寄せられています。クセがない味わいなので食事との相性もよいですし、健康維持やダイエットのために毎日飲んでいる方もたくさんいらっしゃいます。

スポーツドリンクの代用にしたり、牛乳・豆乳で割って飲んだりすることも可能です。アレンジをして味のバリエーションを増やすことが、飽きずに飲み続けるコツだと言えるでしょう。

はちみつ青汁にはケールの栄養がたっぷりで健康的

青汁に使用される野菜といえば大麦若葉が主流ですが、これは最も飲みやすいとされるからです。ただ栄養価に関してはケールのほうが上なので、ケールの青汁をおいしく飲めるのが理想だと言えるでしょう。

ここがポイント!
はちみつ青汁ははちみつを加えることで、ケール特有のクセをなくして飲みやすくしました。

ケールの栄養素の中で特筆するべきはカルシウム、ビタミンC、食物繊維などが豊富に含まれていることです。緑黄色野菜の中でもダントツに多いので、野菜嫌いの方に最適でしょう。

トマトと比較しても圧倒的に栄養価は優れており、β-カロチンは5倍も含有しています。抗酸化力を高めて生活習慣病を予防できますし、カリウムも豊富なので塩分を相殺して、むくみを予防することも可能です。

はちみつ青汁にはこんな効果が

メモ
はちみつ青汁にはビタミンも含まれていますが、特にミネラルが豊富です。ミネラルは身体の機能を微調整する栄養素で、ビタミンと同様に欠かせません。
現代人は慢性的なミネラル不足と言われており、生活習慣病のリスクを高めています。その原因となるのが野菜不足であり、野菜をあまり食べないことによってカルシウムやカリウムが不足しているのです。

はちみつ青汁はおいしくて飲みやすいので、育ち盛りのお子さんにも最適でしょう。特定の病気に働きかけるものではなく、健康を維持するのが目的です。

健康状態のときは病気にかかりにくいですが、これは免疫力が高く維持されているからだと言えます。免疫を低下させないためにも、毎日はちみつ青汁を飲んで病気を遠ざけていきましょう。

種類が沢山!はちみつ青汁の成分比較

はちみつ青汁と呼ばれるものには複数の種類がありますが、商品によって内容成分が異なっています。

使用される野菜はケールのほかに、大麦若葉、よもぎなどがあります。共通するのははちみつが配合されていることで、ほのかな甘味があって飲みやすいと言えます。青汁は飲みにくい印象が強いですが、はちみつとの相性は非常によいのです。
ここがポイント!
青汁に使用される青野菜は特に栄養価が高いものが選ばれており、食物繊維、カルシウム、カリウムはかなり豊富に含まれています。

使用される野菜によって栄養価は変わるので、事前に成分比較をしてから選びましょう。有名メーカーが販売する商品はどれもおいしく、クセがなくて続けやすいのが特徴です。

はちみつ青汁の安全性を検証してみる

はちみつ青汁が安全と言われるのは何故?

はちみつ青汁は安全性が高く、毎日飲むのに適しています。青汁に使用される野菜、はちみつともに安全であり、日常的な食材としても使用されています。

ケールや大麦若葉は食卓に並ぶことはないでしょうが、健康食品として出回っているのは栄養価がズバ抜けて高くなっているからです。一般的に食される緑黄色野菜の数倍にもなります。

もともと食品に分類されるものは安全性が高く、副作用の心配はありません。ここが薬と違うところであり、はちみつ青汁を毎日飲んでいても副作用は起こらないのです。

青汁の副作用についてはこちらで詳しく紹介しています。→飲む前に知っておくべき!青汁によって引き起こされる副作用や症状まとめ

青汁を購入する前には必ず成分をチェック

はちみつ青汁に副作用の心配はありません。ただし、特定の成分がアレルゲンになる方はいますから、事前に成分をチェックしておくことは大切です。

例えば大豆、そばなどの日常的に食される食材をアレルゲンとする人もいます。配合成分、栄養素については、内容成分表で確認しましょう。

メモ
はちみつ青汁でアレルギーが起こったという話は聞きませんが、口に入れるものの成分は前もって調べておくと安心です。

アレルギーがある食品は、表示が定められているものは7品目です。また、義務ではありませんが表示するように促されている食品だと20品目にも及びます。

特定原材料7品目

食品の種類 範囲
小麦 小麦と、強力粉や薄力粉などの小麦粉全般。
ニワトリの卵だけでなく、鳥の卵全般に表示義務がある。魚の卵は含まれていない。
エビ エビ類全般。
カニ カニ類全般。
落花生 ピーナッツのこと。
牛乳や調整牛乳のこと。または牛乳から加工される食品を指す。
そば そば粉のこと。またはそばから製造された食品を指す。

はちみつ青汁の成分はケールやはちみつ、それにビタミンCなどですが、他の青汁だと乳製品が含まれていることもあります。

義務ではないものの、出来るだけ表示するように推奨されている20品目は、以下の通りです。

牛肉・豚肉・鶏肉・ゼラチン・大豆・カシューナッツ・ごま・あわび・さけ・さば・いか・いくら・くるみ・オレンジ・バナナ・キウイフルーツ・もも・りんご・やまいも・まつたけ

はちみつ青汁の気になるポイントをチェック!

はちみつ青汁ははちみつの味がするの?

キューサイのはちみつ青汁は、はちみつを配合することでほのかな甘さが生まれました。最近の青汁は全般的に甘いものが増えてきましたが、はちみつ青汁は特に甘くて飲みやすいのです。

国産ケールに熟成はちみつを加えることで、はちみつ由来の甘さを味わうことができます。風味にはクセがないのでお子さん、お年寄りも問題なく飲むことができるでしょう。

青汁はおいしくないと続かないので、おいしいものを選ぶことが基本となります。身体にいいという理由だけで口に合わないものを続けるのは困難です。その点、はちみつ青汁は口コミでも美味しいという意見が多いので安心して飲めます。

これは普段の食生活をイメージしてもよくわかります。大嫌いだけど健康によい食材を毎日食べるように医師から指導されても、多くの方は食べないはずです。青汁を選ぶときも、おいしく継続できるものを選びましょう。

はちみつ青汁の原材料は何?

はちみつ青汁の原料は国産ケール、熟成はちみつです。両者をブレンドしてお子さんでも飲みやすく調整しています。青汁は毎日飲むことに意味があるので、おいしさにはこだわる必要があるでしょう。

はちみつ青汁に使用されている国産ケールは、農薬・化学肥料を使用せずに育てたもので、野菜の中でもダントツの栄養価を誇っています。ビタミン・ミネラルのバランスが最高で、牛乳の代用となるほどのカルシウムを含んでいるのです。

熟成はちみつは脳のエネルギー源となる栄養素で、ケールに含まれるミネラルをより効率よく吸収させます。栄養素はたくさん摂ること以上に、しっかりと吸収させることが重要となります。

このようにはちみつ青汁には飲みやすいだけでなく、効率よい栄養素の摂取ができるようになっています。身体にムダなく作用させるためには、吸収性の高いものを選ぶこと、そして毎日飲むことが大切です。

はちみつ青汁は子供も飲める?

はちみつ青汁は子供でもおいしく飲めると評判です。はちみつを加えることでまろやかになり、青野菜の風味がうまく中和されています。

子供は野菜嫌いのケースが多く、青野菜はほとんど食べないという子もいるでしょう。野菜は大切なミネラル補給源ですから、欠乏すると身長が思うように伸びなくなります。

身長を伸ばすためには、はちみつ青汁でミネラルを補給するのがおすすめです。カルシウムの吸収を促進するビタミンKも含まれているので安心だと言えます。

メモ
キューサイのはちみつ青汁の場合は、1日2本を目安に飲んでください。牛乳に溶かしてもおいしいので、自分なりの飲み方を見つけましょう。
また、牛乳だけでなく、豆乳や野菜ジュースにも混ぜて飲むと美味しいです。それにケーキに混ぜてオリジナルレシピを作成することも良いでしょう。作り方はたくさんありますので、はちみつ青汁で自分好みのレシピを探してみてください。

ダマになるのを防ぐためには、シェイカーやペットボトル容器を使用して十分にシェイクしてから飲んでください。

キューサイの青汁を初めて買う場合、シャカシャカカップをサービスしてくれますので、シェイカーを持っていなくても問題ありません。

はちみつ青汁はどこで買うとお得?

はちみつ青汁はネット通販の人気商品で、公式通販で購入するのが一番お得です。キューサイのはちみつ青汁だと、定期コースを利用すれば10%OFFの適用となります。通常価格3,909円のところ3,518円で購入できてしまうのです。

お得なまとめ買いも用意しており、6箱セットで21,108円となります。1箱あたり3,518円となるので、定期コースの場合と同じ価格となっています。

ここがポイント!
定期コースの利用においては3回以上の購入が基本です。3回の購入後は休止・中止の手続きをすることで、発送を止めることができます。

はちみつ青汁は健康食品なので、3ヶ月以上を目安に継続してください。健康食品全般は実感するのに3ヶ月程度は掛かるので、定期コースの3回以上の利用という条件は理にかなっていると言えます。

定期コースのメリット
  • 毎回送料が無料で利用できる
  • 通常価格の10%オフで購入できる
  • その他の対象商品も10%オフになる
定期コースを利用しているだけで、はちみつ青汁だけでなくほかの対象商品も10%オフで購入できるサービスはかなりお得ですね。

また、キューサイの公式サイトに載っているフリーダイヤルからサンプルを申し込むことも可能となっています。

ただし、商品によってはサンプルがないものもありますが、一人一回限りならお試しサンプルを求めることはできます。気になる方は問い合わせからサンプルをお願いしてみましょう。

はちみつ青汁を飲むべきタイミングはいつ?

はちみつ青汁は健康食品なので、飲むタイミングに決まりはありません。喉が渇いたときにジュースとして飲んでもよいですし、食事のときにお茶がわりにするのもありでしょう。

食前に飲んでおくことで、食べすぎを予防するという使い方もあります。基本的には食後より食前のほうが吸収されやすいので、空腹時に飲むのがよいと言えます。錠剤サプリだと食後のほうが吸収性が高いので、ここは異なるポイントです。

はちみつ青汁はミネラルウォーターとの相性もよいので、ペットボトルに混ぜて飲むのもよいでしょう。スポーツドリンクの代用として、こまめに水分補給をするのに利用できます。

喉が渇いているときは血液の粘度が増していることが多いので、サラサラにするためにも青汁を飲みましょう。