青汁でアトピー性皮膚炎の症状を治せる?免疫力を上げて強い体をつくろう

青汁は体に良い栄養素がたくさん含まれていて、便秘を解消したり美肌を作るなど、健康面でも美容面でもさまざまな効果が期待できる健康食品です。そしてその効果の1つとして、アトピー性皮膚炎を改善するということが青汁には言えるのです。

アトピー性皮膚炎が起こる原因はさまざま

アトピー性皮膚炎は辛い痒みが出て患者数も多い疾病ですが、この原因には肉体的、精神的な作用により色々なものがあります。

  • 遺伝によるもの
  • 自律神経の乱れ
  • 皮膚のバリア機能が低下している状態
  • 偏った食生活
  • アレルギー物質に対して敏感な反応をしてしまうような状態
一般的に人によってアトピーになる原因は様々ですが、主に上記のような理由が考えられます。そしてこれらの原因を改善するには、青汁が効くことがあるのです。

また、善玉菌が少なく悪玉菌が多いというように、腸内環境が良くない場合も免疫力が衰えてアトピーになりやすいと考えられます。青汁は腸内環境を良くするためにも効果的だと言えるのです。

メモ
以上のように、この病気の場合には原因がたくさんあるので、自分の場合はどれにあたるかを把握する必要があります。

症状が出た場合はできるだけ早く病院を受診して原因を解明し、それを取り除く方法について、担当医のアドバイスを受けるようにすることをお勧めします。

アトピーになるとかゆいだけでなく、見た目にも発疹が出てきてしまいます。そうなると精神的な悩みも出てくるでしょう。そんな状態を1日でも早く脱出するために、予防と対策を行うべきであり、青汁を飲むことはとてもおすすめなのです。

アトピー性皮膚炎の予防と対策とは

アトピーを防ぐには体を強くすることが大事

アトピーは十分な予防が必要ですが、それにはまず体の強化が重要と言えます。そのためには生活習慣を改善して規則正しい食生活を心掛け、さらにビタミン、ミネラルなどの体に必要な栄養素を食事からバランスよく摂るようにすることが大切です。

睡眠を十分に摂ったり適度な運動をすることも、体を丈夫にすることにつながりやすいと言えます。その他、豊富な栄養素をたっぷり含んだ青汁を飲むことは、アトピーにとても効果的になるでしょう。

特にウォーキングなどの適度な有酸素運動は肌を強くしたり、炎症の原因となるような菌を排出させるような汗をかきやすくするため、アトピーの予防効果が高いと考えられます。

ただ、運動の場合にはこれをやり過ぎるとかえって体に負担がかかり、体調を崩す可能性もあるので、その点は十分に注意して自分の体調や体力に合ったものを選ぶことが大切だと言えます。

ここがポイント!
規則正しい生活に適度な運動、それに青汁を加えれば、アトピーだけでなく生活習慣病全般にも効果を発揮するでしょう。

腸内環境が整えば免疫力も向上

腸は6割の免疫細胞が存在すると言われるような器官であり、腸内環境の状態が免疫力に大きく影響する可能性が高いと言えます。

ですからアトピー性皮膚炎を改善するために免疫力を上げたいと考える場合は、善玉菌を増やして腸内環境を改善することが大切になってくるのです。

善玉菌を増やすためには、善玉菌のエサになる食物繊維を多く含む食品を摂ると良いでしょう。食物繊維が豊富な健康食品と言えば、青汁が挙げられます。

青汁の場合には、原料にケールや明日葉など食物繊維が豊富に含まれている野菜を使っているので、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことで便秘も解消して、アトピーの改善にも期待でき、健康的な腸の状態にすることが可能になります。
メモ
健康を考えるなら、まず腸を良い状態にするべきだと言われています。ですからアトピーを改善するためにも腸内環境を良くすることが重要なのです。

また、青汁を飲むことで腸内環境がキレイになると血行も良くなり、肌もつややかで若々しい状態になるので、アトピーの予防以外でも大きな効果が期待できます。

皮膚の修復にはミネラルとビタミンが必須

皮膚を修復するにはカルシウム、マグネシウムなどのミネラルと、免疫力をアップさせるビタミンCなどのビタミンが重要な働きをすることになります。ですからアトピーの症状を和らげるためには、これらの成分を積極的に摂るべきなのです。
ここがポイント!
ミネラルとビタミンを十分に摂取していれば、怪我をした時の傷の修復は勿論、普段から生き生きとした健康的な皮膚を作ることが可能になると言えます。

青汁の場合にはミネラルやビタミンが豊富なケールなどの野菜を使用しており、さらに体に必要な量を考えて作られているので、効率的にこれらの栄養素を摂取することができるというメリットがあります。

アトピーの場合には特にこれらの栄養素が必要であると同時に、アレルギー症状が出にくい素材を選ぶことが大切ですが、青汁の場合には事前に成分をチェックできるのでその点でもお勧めできます。

青汁を飲むことでアトピーが治る理由

ケールの青汁を飲むことで症状が緩和された例も

ケールは野菜の中でも特に栄養分が多いことで有名な食品ですが、これを含む青汁はたくさんあります。そしてこのケールを飲むことで実際にアトピーが改善されたという口コミもたくさんあり、アトピーがなかなか治らないという人達にお勧めできる野菜です。

アトピーでは皮膚に炎症を起こすと言われる好酸球数が多いと言われますが、ケールを摂ることでこの数値が正常値に近いところにまで減少したという例もあります。

メモ
以上のように、ケール入りの青汁はアトピーの改善を目指す人に大変お勧めできる食品と言えます。

そして以前は味が苦いと言われることがあったケール入りの青汁ですが、最近では他の成分も含まれて非常に飲みやすい味になっているものもあるので、その点でも飲んでみると良いでしょう。

青汁に含まれるビタミン類がアトピー改善に役立つ

アトピーに青汁が効果的だと言われている理由として、その豊富な栄養素が挙げられます。とくにビタミンに注目してみていきましょう。青汁に含まれる各ビタミン類が、どのようにアトピーの改善に結びつくのかをチェックしていきます。

ビタミンの種類 主な働き
ビタミンA 皮膚や粘膜を強化して肌を守る働きがある。傷ついても修復機能があるため、積極的に摂取したい重要な栄養素。
ビタミンB群 主に疲労回復効果があるが、体全体の代謝をスムーズに行うので青汁を飲むことはアトピーの改善に一役買ってくれる。
ビタミンC 肌の保湿力を高めるためにはビタミンCが必要。肌が潤うことでアトピーの大敵である乾燥を予防してくれる。

ビタミンAは特に皮膚の修復に必要な栄養素

青汁にはたくさんの種類がありますが、ビタミンAが多く含まれている青汁の原材料では明日葉がトップになります。

アトピーの改善のためには皮膚の免疫力を強化し、その修復に役立つような栄養素を摂ることが大切です。中でもビタミンAは特に皮膚と粘膜を作る大切な栄養素となっています。ビタミンAをメインとして考えるなら、明日葉の青汁を選びましょう。

また、ビタミンAは粘膜を強化して健康な皮膚を作ると同時に、目の健康を守ったり動脈硬化などの予防になるなど、体にとって大切な働きをいくつも持っているので、この点でも重要な栄養素と考えられます。

ここがポイント!
皮膚の健康を維持してくれるビタミンAは、アトピーの症状を和らげることを考えると外せない成分であると言えるでしょう。

そして青汁でビタミンAを摂る場合、βカロテンの形で摂取してこれが体内でビタミンAに変換されることになるのですが、この形なら注意すべきと言われるビタミンAの過剰摂取になる危険性がありません。

この点でも野菜を使った青汁は、アトピー改善に大変お勧めできる健康食品だと言えます。

ビタミンB群は代謝を良くし、栄養の運びを円滑にする

ビタミンB群には疲労を回復させるビタミンB1や、葉酸と共に血液を作るビタミンB12などがあります。これらは全体として代謝を良くし、脳、神経、皮膚などの健康を守る効果を持っていますので、アトピーの改善に期待できます。

さらに一緒に摂ることで相乗効果が期待できるような成分と言えます。これらのビタミンB群を含む青汁はいろいろとあり、例えば明日葉や大麦若葉にはビタミンB12が含まれているので、造血作用が期待できます。

ビタミンB群を十分に摂ると栄養がスムーズに体全体に運ばれることになり、全身の健康が促進されることになるので、この点でもアトピーを改善したい場合に適した成分と言うことができるでしょう。

メモ
ただビタミンB群は青汁によって含まれている成分が違うので、購入する前にチェックしておくことをお勧めします。

コラーゲンの生成を手伝いするビタミンC

コラーゲンは保湿成分の1つで、肌を瑞々しくするものとして化粧品などにもよく使われています。このコラーゲンには免疫力をアップする効果もあり、傷を癒やすのに必要な栄養素でもあるので、アトピーの症状を和らげる作用に期待できます。

ここがポイント!
コラーゲンをメインに配合している青汁商品もあるので、乾燥がとくに気になるという方はコラーゲンがたっぷり入った青汁を選ぶと良いでしょう。

なお、アトピー性皮膚炎の場合には肌の乾燥を防ぎ免疫力を高めることが大切なので、この点でコラーゲンは非常に有益な成分と言えます。

そしてビタミンCはそれ自体が免疫力を高めるというだけでなく、コラーゲンという大切な成分の生成をサポートするという重要な働きも持っています。

青汁には栄養価が高い野菜がたくさん使われており、野菜にはビタミンCがたっぷり含まれています。コラーゲンが生成されることで、青汁はアトピーの改善に大きな役割を果たしてくれるでしょう。

また、ビタミンCはビタミンAやビタミンEなどの栄養素と共に摂取することでさらに効果が高まるとされています。

ですからコラーゲン入りの青汁でビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが十分に摂れるような野菜を素材にしたものを選ぶようにすると、役に立つ可能性は大きいと言えるでしょう。

すべてのアトピーに青汁が効くわけではない

自分の状態にあった青汁の成分をチェックするべき

アトピー性皮膚炎には、青汁に含まれた栄養素が効果的であることが多いと言えますが、これは全てのアトピーに言えることではありません。

アトピーの場合は原因がさまざまであり、遺伝や生活習慣の乱れが原因の場合にはそれらを解消するための対策をとらなければ、青汁を飲んだだけで効果が出るとは言えないはずです。

ここがポイント!
10人いれば10通りのタイプがあるように、改善方法もいくつものパターンがあります。根気はいりますが、しっかりと自分の状態を見極める必要があるでしょう。

ですから自分のアトピーの原因と、青汁が自分の症状に効くかどうかということに関しては病院の担当医に相談してみてください。

そしてこの場合には今まで効かなかった青汁と違う成分が必要なことが分かって、それを含む青汁を飲むことで効果が出ることも考えられるので、その意味でも医師のアドバイスを受けることをおすすめします。

アトピーの治療中は辛いですが、早く治したいからといって自分だけの判断は逆に状態が悪化する可能性もあります。きちんと医師に相談してから、効果があると言われていることを実行していきましょう。

試してみてもデメリットはまったくない

メモ
アトピー性皮膚炎の場合に青汁がお勧めできる大きな理由として、これを試してもデメリットが全くないということがあります。

青汁は過剰摂取の場合でも、極端に飲み過ぎることさえなければ成分が尿として排出されやすいです。アトピー改善のために少し青汁を飲みすぎたとしても、体内に残って副作用を起こす可能性が非常に少ないと言えます。

青汁の副作用についてはこちらで詳しく紹介しています。→飲む前に知っておくべき!青汁によって引き起こされる副作用や症状まとめ

また、青汁はアレルギーが起こりやすい素材を使用していることが殆どない上に、天然の野菜という安全性の高い素材を使っていることが多いのです。

その点でも、飲食物に敏感に反応しやすいアトピーの患者さんにもお勧めしやすい食品と言うことができるでしょう。ですからアトピーの改善を考える場合は、効き目があるかどうかを知るために気軽に飲んでみることをお勧めします。

そして青汁は毎日継続して飲むことが、体質改善への道になります。数日では変わることはありませんが、飲むことを数ヶ月続けることでアトピーの症状になんらかの変化を感じるかもしれません。

今の青汁は種類も豊富になっており、味もとてもおいしいので毎日飲める好みの味を見つけて飲み続けてみてください。