青汁ファスティングダイエットで栄養不足を回避!まずは飲みやすい青汁探しから

青汁の栄養価の高さは広く認識されていますが、その青汁をファスティングダイエットに活用する方が増えています。意外と実践しやすいファスティングダイエットを、より一層効率的に行える方法として注目を集めているのです。

青汁でファスティングダイエットを実行するには

ファスティングのルールを確認しておこう

ファスティングダイエットとは食事を摂らずに行うダイエットですが、完全に何も食べないのではなく、固形物のみ回避するというルールがあります。

酵素ドリンクやスムージー、青汁といった飲み物を口にすることが出来るため、食事を摂らないと言ってもそこまで難しい方法ではありません。むしろ胃腸の負担が軽くなりすっきりとすることもあります。

ただし固形物を摂らない分、必要最低限の栄養は意識的に摂取する必要があります。お腹が膨らみやすい飲み物を選択すれば、ファスティングダイエットの際の精神的な負担は減りますが、栄養不足が解消されるとは限りません。
メモ
そこでお勧めなのがファスティングに青汁を使用する方法です。青汁には周知の通り高い栄養が含まれていて、カロリーも少ないのでまさにうってつけだと言えます。

青汁で無理なく健康的に痩せる方法については、こちらで詳しく紹介しています。→青汁ダイエットでヘルシーに痩せよう!青汁の選び方や飲むときのポイントとは?

断食期間は1~2日の短期間

いかに青汁に高い栄養が含まれていると言っても、タンパク質や炭水化物は基本的に入っていないので、長期的なファスティングになることは好ましくありません。

ここがポイント!
ファスティングダイエットにおいては大幅なカロリー摂取の削減が期待できるので、そもそも長い視点で行う必要がないという点もあります。

ですから青汁ファスティングダイエットで断食する期間は1日から2日にすることをお勧めします。それ以上の断食を行うことは危険が伴いますので、注意してください。

断食を始めると飲み物による満腹感や血糖値の波が減るので、意外と食べずにいることが普通になってきます。しかし感覚的には慣れていても、炭水化物が不足していくのは明白であり、初めから期限を決めて行う事が重要なポイントです。

ただし、一週間くらいの間隔を空けて繰り返す方法もあります。継続することは注意する必要がありますが、間隔を空けて行う分には問題ありません。

ドリンクのみなので青汁はOK

ファスティングダイエットにおいては、飲み物であれば口にすることができます。この飲み物で栄養を確保しなければないので、飲み物の選択は非常に重要と言えます。

メモ
その点でぴったりなのが青汁です。青汁は栄養価に関して言うまでもなく優秀なので、ファスティングとの相性は抜群だと言えるでしょう。

また、お腹にしっかりと満腹感をもたらしてくれることも大きな利点です。さらに青汁は一般的に緑黄色野菜で構成されているので、ミネラルを摂取することにも役立ちます。

ファスティング中は飲み物しか摂取できないため、その飲み物に青汁を選択すると青汁だけを飲むことになります。そのため出来るだけ飲みやすく、味が苦手でないものを選ぶことも大きなポイントとなるでしょう。

ファスティングに青汁を取り入れる利点はたくさんある

青汁は栄養満点でファスティングダイエット時の栄養不足を防ぐ

ファスティングダイエットを行っている間も、日常生活は続いていくため体調を維持することも大切です。すなわち、いかにして栄養を確保していくかがポイントになります。

青汁は栄養価に関して非常に優秀であり、豊富なミネラルやビタミンを摂取することが可能です。特にミネラルの中でもカリウムを取り入れることができる点を考えると、青汁には大きなメリットがあると言えるでしょう。

ここがポイント!
カリウムは血圧を下げたり、細胞が含む余分な水分を取り除いたりする働きがあります。人が健康な状態を維持するためには重要な成分なのです。
普段の生活ではカリウムと逆の働きを持つナトリウムが体には多く存在しますが、ファスティングダイエット中では塩分を摂らないのでナトリウムの量が少なくなります。そのため、カリウムの恩恵を受けやすい状態になっています。

青汁は食物繊維たっぷりなので空腹感を満たしてくれる

ファスティングダイエットにおいては固形物を食べないという、普段にはない状態となります。ですからやはり固形物を食べないと、どうしても空腹を感じてしまうというケースも珍しくありません。

その点においても、食物繊維をたくさん含む青汁はおすすめです。食物繊維には腸の働きを活性化する作用だけでなく、満腹感を得やすくなるという効果もあります。

消化に時間がかかった方が、次にお腹が減るまでに時間がかかります。お腹が膨れた感じがすればするほどファスティングダイエットの辛さが和らぐでしょう。

空腹感の現れ方は人によって異なりますが、空腹感が紛れれば紛れるほどファスティングが行いやすくなるのは明白であり、青汁を用いるのは合理的な手段と言えます。

ここがポイント!
また、食物繊維は便秘の改善にも一役買ってくれます。お通じが良くなることで腸内環境がきれいになり、その結果ダイエット効果が高まるのです。

酵素ドリンクでは味が物足りず耐えられない人も

ファスティングダイエットでは様々な飲み物を選択するケースがあります。中でも酵素ドリンクは最もよく飲まれていると言えるでしょう。

酵素ドリンクは人間の体にとって有用な酵素を確保できるというメリットがありますが、青汁に比べて味はそれほどありません。そのため、味を物足りなく感じてしまいファスティングを断念する方もいます。

ファスティング中によく飲まれている飲み物
  • 酵素ドリンク
  • 野菜ジュース
  • 青汁
  • スムージー

野菜ジュースは多くの場合、青汁ほどは食物繊維を含まないので満腹感の面で青汁に分があります。

スムージーは生の野菜を用意してミキサーで作る必要があり、手間が掛かることを考えておかなければいけません。

このように、青汁は他の飲み物と比べてファスティングに向いていることが分かります。また、ミネラルやビタミンに関しても青汁ほど効率的に摂取できる飲み物はなかなかありません。

メモ
青汁の優秀さは他の飲み物と比較しても際立っており、ファスティングダイエットに用いる方が増えています。

昔と違って今の青汁は風味も種類も豊富になっている

最近の青汁はとても飲みやすい

青汁は、苦くて飲むのが大変というイメージをお持ちの方もおられるかもしれません。確かに一昔前の青汁と言えば、苦いものを我慢して飲むというのが常識でした。

しかし青汁に使われている原材料は、どれも栄養が豊富で普段から積極的に摂取したい成分がたっぷり含まれています。ですからぜひファスティングダイエットに取り入れてみてください。

青汁に使われているメイン原料 風味や飲みやすさ
ケール 昔の青汁と言えばケールがメインだったが、クセのある味わいからまずいと思われることも。しかし今では製造過程でケール独特の風味を消す工夫がされている。
明日葉 少し独特の苦味があるが、明日葉に含まれているカルコンはデトックス効果の高い成分なのでファスティングダイエットに向いている。
桑の葉 若干薬草のような風味があるが、お茶としても飲まれているので青汁になっても比較的飲みやすい。
大麦若葉 抹茶風味で飲みやすさダントツの青汁。クセもないのにたっぷり含まれた栄養素から、青汁としての人気が高くランキングでもいつも上位に位置している。

進化を続ける青汁の味わい

青汁は常に進歩を続けており、最近の青汁は一昔前のイメージから良い意味でかけ離れています。その味わいは苦味が薄く、さながら野菜ジュースのようなので、ファスティング中の飲み物としても大いに活用できるのです。

さらに青汁の種類は増えています。かつて青汁が苦手で飲むことを諦めてしまった方でも、飲みやすい青汁が見つかる可能性も大いにあると言えるでしょう。

昔のイメージで青汁を敬遠している方も、お試しで飲んでみると美味しく感じるかもしれません。様々な食品が需要を反映しながら変化しているのと同じく、青汁もまた美味しく進化してきているということです。

栄養素の面から見ても、青汁はファスティングダイエット中の飲み物として最適なので、もしまずいイメージがあって手を出せない状態ならとてももったいないことでしょう。ぜひダイエットに青汁を取り入れてみてください。

普通の青汁が飲みにくい人はフルーツ青汁がオススメ

誰でも気軽に飲みやすい青汁の1つに、フルーツ青汁があります。フルーツ青汁とはその名前からも分かるようにフルーツを含んだ青汁です。

野菜ジュースや果物ジュースに近い感覚で飲むことができ、青汁とフルーツの栄養素を摂取できることから人気を集めています。

ここがポイント!
フルーツの栄養を得られることは、ファスティングダイエットにおける大きなメリットにもなります。
通常の青汁と比べると、フルーツ青汁の場合の方が得られるビタミンの種類が多くなります。ただし普通の青汁の方が多く得られる栄養素もあるので、必ずしもフルーツ青汁の方がファスティングダイエットに適しているというわけでありません。

フルーツ青汁についてはこちらで詳しく紹介しています。→多数の芸能人が愛飲!フルーツ青汁にはダイエット・美容・野菜不足解消など効果が盛り沢山

飲みやすさと栄養素の両面から、どちらを選択するべきか判断する必要があります。自分の体調や好み、取り入れたい栄養素によって青汁をしっかりと選びましょう。

ファスティングダイエットにおける注意点

復食期間は時間をたっぷり使おう

青汁ファスティングダイエットが終わると、固形物を食べていなかった胃腸に食事によって固形物を入れることになります。

しかしいきなり刺激の強いものを食べると消化が上手くいかない恐れがあるので、できるだけ消化しやすいものから食べる必要があります。この徐々に胃腸を慣らしていく期間を「復食期間」と呼んでいます。

ファスティング中は青汁だけを飲んでいる状態ですので、いきなり固形物を胃に入れることは刺激が強すぎるのです。そのため、徐々に慣らしていく期間が必要になります。

固形物の中でもお粥や野菜スープのような食べ物を選択し、急激に消化しにくいものを食べないようにすることをお勧めします。その中で少しずつ普段の食事へと戻していくのです。

メモ
おかゆを作る際には水を多めに作るといいでしょう。野菜スープも同様に、出来るだけ固形物の感触を感じないほど煮込んでから食べてください。

ファスティングダイエットで青汁しか飲んでいない場合、特に胃腸が弱いと感じている方は注意が必要になります。数日も経てば普段と同じ物を食べても特に問題がなくなるので、慌てて元の食事に戻さないことがポイントと言えます。

実践期間は必ず守ろう

ファスティングダイエットに慣れてくると、それほど苦しくなくなってくる方もいます。それ自体には特に問題がないのですが、あまりに慣れすぎて実践期間をオーバーしてしまわないことが大切です。

青汁などの栄養価に優れた飲み物を口にしていると、それだけで栄養が足りていると錯覚しがちですが、炭水化物やタンパク質などはほとんど含まれていません。

ここがポイント!
これらの栄養も生命を維持させていくためには必要なので、食べないとしても2日までにしておくのがお勧めです。
痩せたいからといって、青汁で3日も4日もファスティングを継続することは健康面に不安が残ります。一度ファスティングをしたら復食期間をおいて、再びファスティングを行うのがお勧めの方法です。

効果的に痩せるためにも、守るべきことはきちんと守って健康的にダイエットに励んでください。