カフェインの大量摂取は危険!カフェイン入りの青汁もあるので特に妊婦さんは要注意

体に良いと言われている「青汁」は、老若男女問わず多くの方が健康のために飲んでいます。日々の健康を維持するためにはとてもメジャーなものとして広く飲まれている青汁ですが、気を付けたいのは「カフェイン」という成分です。

カフェインは必ずしもその人の体にいいとは限りません。飲めば毒にもなりうるかもしれないこの成分について、簡単に説明します。

カフェインによって起こる症状

カフェインは体を興奮状態にする

まず「カフェイン」について説明します。カフェインには体を興奮させる効果があります。体内にある「アデノシン受容体」といわれる成分に結合することによって、交感神経を興奮させて、結果、身体を覚醒させる働きをします。

青汁はどちらかと言えば、リラックス効果に期待できる成分がありますが、カフェインの場合だと、身体の興奮に加えて自律神経を狂わせ肩こりや頭痛といった症状や、不眠症といった睡眠障害を引き起こす副作用があります。

睡眠障害が起こると慢性的に眠れなくなることがあるので、そうなった場合はリラックス効果の高い飲み物を飲んだり、出来るだけ落ち着いて過ごしてください。青汁をホットで飲むことでもリラックス効果を得られます。

メモ
また、長期的にカフェインを摂取することによって、胃液の分泌が活発になり過ぎて炎症を起こし、胃や腸を弱らせてしまいます。
カフェインを大量に摂取した場合 カフェイン大量摂取で起こる症状
自律神経が乱れる 頭痛や肩こりに加えて疲れやだるさが起こり、動悸が激しくなる。
睡眠障害が起こる 眠れなくなったり慢性的な不眠症に陥る。
胃液の分泌が活発になる 胃腸障害になったり、胃痛や食欲不振を引き起こす。

カフェインは仕事中や運転中などに、コーヒーや眠気覚ましに多く利用されていますが、神経の感覚遮断効果を利用して疲れを感じにくくさせているだけなので、多量の接種は危険とされています。

反対にケールで作られた青汁には、メラトニンという眠気を促す物質が含まれています。カフェインの飲みすぎで不眠症になった場合などは、リラックス効果のある食品や飲み物を摂取してみましょう。

大量に摂取すると呼吸困難を起こすことがある

カフェインの過剰摂取による呼吸困難も問題視されています。特に成人の方でも持病で喘息がある人など、呼吸器系に病気を持つ方は注意が必要です。

呼吸器系の疾患がある場合、ビタミンやミネラルを摂取することで免疫力を高めることができます。青汁には豊富な栄養が含まれていますので、ノンカフェインの青汁をチェックしてみましょう。

ここがポイント!
カフェインも少量なら気管支を広げる効果があるので、喘息の症状を抑えることができますが、悪化させるリスクもあるので十分注意して摂取することが大切です。

大量にカフェインを摂取することによって、急性中毒を引き起こし頭痛や吐き気に伴い心筋収縮力の増大、気管支平滑筋の弛緩によって交感神経が興奮して呼吸困難として症状が出ます。

また、カフェインには血圧を上昇させる効果もあるので、心疾患を患っている方も呼吸困難を起こしやすくなります。多量摂取にならないよう、持病のある方はカフェインを含む食品や飲み物を控えるようにしてください。

青汁も持病がある方は飲む場合に医師の判断を仰ぎましょう。健康によいからと言って、青汁が万人に受け入れられるとは限らないのです。

慢性的な症状としては睡眠障害や頻尿に

急性中毒のほかに慢性的な症状にも気を付けなければなりません。判断としてはコーヒーやカフェインを含むものを無性に摂取したくなるなど、1~2日後に症状が現れます。

異常にカフェインを摂取することによって眠れなくなり、長期にわたって睡眠障害を引き起こし、落ち着きがなく、気持ちが沈んでパニック障害を引き起こしたりするなど状態は様々です。

また、カフェインには膀胱の尿細管で水分を再吸収する作用を阻害する効果があるので、利尿作用によって頻尿を引き起こします。

青汁にも利尿作用がありますが、カフェインほどではありません。この利尿効果によって余分な水分を排出してむくみの改善につながることもあるので、適量を摂取すれば体の調子を整えることができます。

また、むくみは便秘によって起こっている可能性もありますので、その場合は食物繊維が豊富な青汁がおすすめです。

メモ
少しの間だけなら眠気を覚まし、些細なむくみを解消するだけならカフェインは適正な成分といえます。

1日10杯飲まないと悪影響は出ない

カフェインの急性中毒として、体重が50キロの人なら約0.85g=850mgで症状が出る危険性があります。コーヒーなら10杯ほどを3時間で摂取すると、急性中毒の症状が出るといわれています。

メモ
毎日10杯コーヒーを飲み続けると体に影響が出てくるとされているので、コーヒーを愛飲している方ほど注意が必要です。

青汁にもカフェイン入りの商品がありますので、飲みたいと思っている青汁がカフェインを配合されているかのチェックが重要になります。

海外ではカフェインが大量に含まれている栄養ドリンクを飲み過ぎたことによって死亡した事件もあるので、疲れているからといって栄養ドリンクに頼りきりになる前に、十分な休養を心掛けることが必要です。

また、カフェインはコーヒーに限らず緑茶や紅茶にも含まれているので、お腹に赤ちゃんがいる妊婦や持病のある方はカフェインの含有量に注意して飲むことが大切になってきます。

妊娠中にカフェインの摂取に気を付けるべき理由

妊婦がカフェインを摂取すると赤ちゃんも取り込む

妊婦が家事や妊娠などによって引き起こされている日々のストレスを解消しようと、カフェインが入っているコーヒーや紅茶、それに健康管理のために青汁を飲んで、一息つきたくなることがあるかもしれません。

しかし中枢神経系を刺激するカフェインは、お腹の赤ちゃんに胎盤を通じてそのまま移行してしまいます。これによって赤ちゃんが興奮状態に陥ってしまい、睡眠障害を引き起こしてしまう可能性があります。

大人と比べて代謝機能が未熟なので、カフェインの分解にも時間がかかります。長く体内に留まり続けるので症状が続き、成長への影響に加えて低体重児や流産・死産のリスクが高まってしまいます。

カフェイン入りの青汁を飲むだけではそれほどの重篤な状態に陥ることはありませんが、お腹の赤ちゃんは非常にデリケートなので、今まで気軽に飲んだり食べたりしていたものでも影響を受けることがあるのです。

最悪の場合、赤ちゃんが死産になってしまうことも

妊婦がカフェインを摂取することによって、お腹の赤ちゃんが興奮して睡眠障害を起こすだけでなく、成長に影響がでてしまいます。

血管を収縮させる作用もあるので胎盤への血流を減少させ、赤ちゃんへの酸素や栄養を十分に送ることができなくなり、発達障害を起こし、最悪の場合死産となってしまうことがあります。

赤ちゃんのためには妊娠中の健康管理が重要であり、野菜だけで作られた青汁は健康を維持するためにもおススメの飲み物になります。

妊婦の1日に摂取していいカフェインの量は約200mgとのことなので、コーヒーなら約2杯分です。これ以上の摂取は赤ちゃんへの発育に対するリスクが大きくなるので、カフェインレスのコーヒーなどで妊娠期間を乗り切ってください。

また、妊娠中の健康管理に青汁もおすすめですが、青汁にもカフェインが含まれている可能性がありますので、成分表をチェックしてください。

メモ
コーヒー1杯に含まれているカフェインはおよそ100mgほどですが、毎日大量のカフェインを摂取することによってカフェイン中毒を起こしてしまいます。

授乳期間中のカフェイン摂取にも要注意

妊娠中は大好きなコーヒーを我慢できたとしても、出産後にたくさん飲んでしまうことはいけません。カフェインは母乳を通して赤ちゃんに伝わってしまうからです。同じようにカフェインが配合された青汁にも注意が必要になるでしょう。

妊娠中からカフェインの摂取を控えていたとしたら、出産することで今までの我慢が吹き飛んでしまうこともあるでしょう。だからといって大量に飲んでしまうと、今度は母乳を通じて赤ちゃんにカフェインが入ってしまい、様々な症状が出てくる可能性があります。

カフェイン摂取による赤ちゃんの症状
  • 落ち着きがなくなる
  • イライラして機嫌が悪くなる
  • 夜泣きがひどくなる

カフェインを大量に摂取すると赤ちゃんの発育が阻害される可能性もあります。授乳期間中は赤ちゃんへの影響を考慮して、出来るだけカフェインの飲み物は避けましょう。それは青汁にも同じようなことが言えます。

赤ちゃんの笑顔を守るのはママの役目です。元気に健やかに大きく成長して欲しいというのはママだけでなく、みんなが思っています。赤ちゃんの成長を妨げる要因は排除していきましょう。

青汁は健康に良いが入っている成分に注意

青汁にもカフェインが入っている商品がある

健康のために飲む青汁にも、これだけ健康障害を引き起こすカフェインが含まれていると飲むのが怖くなってしまいますが、幅広い方に飲んでもらうために、抹茶や緑茶を使用して味を調整したものにカフェインが含まれています。

ここがポイント!
しかし大麦若葉やケールといったものが主成分の青汁は、ほとんどといっていいほどカフェインが含まれていません。

全ての商品には成分を記載する義務がありますので、その成分表でカフェインが含まれているかどうかを確認してください。

青汁にも多くのメーカーから出ている商品がありますので、自分の体の状況に合ったものを見つけて健康や美容に効く青汁を飲んでみてください。体に合った青汁を飲んでより安全で安心なよりよい体作りを続けましょう。

抹茶味の商品によく含まれている

カフェインといえばコーヒーといったイメージが世間ではありますが、実は抹茶にもカフェインが含まれています。ですから抹茶が入っている青汁だと、カフェインが含まれていることがありますのできちんとメーカーに確認しておきましょう。

メモ
碾茶を粉にしたものが抹茶になりますが、日差しが当たらないように育てられ、旨みが多く含まれた新芽を粉にして作られます。

ほかの茶葉と違って葉の栄養素そのままを使用するので、摂取する効果は他のお茶と比べて高くなります。抹茶が配合された青汁はおいしいですが、カフェインの量は要チェックでしょう。

抹茶は150mlに対してカフェインは48mg含まれています。コーヒーに比べると含有量は低いですが、お菓子などに配合されている場合は、多く使用されるので気づかないうちに多量に摂取してしまう危険性があります。

カフェインが気になっても、抹茶風味の青汁を1日2~3杯ほどなら心配しなくてかまいません。殺菌・血中コレステロールを下げる働きをするカテキンなど、体にはいい効果がたくさんあるので、適正な量を摂取すればとてもいい飲み物です。

どうしても気になる人はメーカーに問い合わせてみよう

青汁を飲むことによって手軽により良い健康な体作りを行えるので、長年多くの方が青汁を愛飲しています。しかしカフェイン中毒はとても身近にある病気だと言えるでしょう。

ここがポイント!
いろんな健康食品にはカフェインが含まれているので、青汁に限らず食品に記載されている成分表を確認して、過剰なカフェインの摂取を避けることが大切です。

成分表を見るだけでは分からないといった方は、メーカーに問い合わせて聞いてみましょう。コールセンターなどで説明してもらえるので、日々の食事や生活に関わる情報を正しく理解することで、大切な家族の健康を守ることができるのです。

食品を製造しているメーカーは必ず記載されているので、気になったらすぐカフェインの有無を問い合わせてみることが大切です。

妊婦には青汁よりも葉酸が多く含まれているサプリがオススメ

妊婦はお腹の赤ちゃんのために普段より多くの栄養素を取ることが大切です。中でも鉄分やカルシウムは赤ちゃんの成長に必要不可欠なので、今まで以上に摂取が必要です。

妊娠中には赤ちゃんの栄養補給も行わなければいけませんので、ママはしっかりと体調管理を行う必要があります。そこで健康食品の代表である青汁にも興味はあるでしょうが、そこはカフェイン入りだと少し考えるべきだと言えます。

近年で注目されるようになってきた「葉酸」という成分は、赤ちゃんの神経管の先天性異常の発症リスクを下げる効果があるとして、妊婦には積極的に摂取するよう指導しています。

葉酸入りの青汁についてはこちらで詳しく紹介しています。→不足しがちな葉酸が入っている栄養満点の青汁を飲んで様々な効果をカンタンに得よう!

メモ
カフェイン入りの飲み物は出来るだけ避けて、赤ちゃんの体作りに最適な葉酸を積極的に取り入れていきましょう。

葉酸には悪性貧血や妊娠中毒症の予防・改善にも繋がるので、葉酸が多く含まれている緑黄色野菜・豆類・レバーなどを普段から多めにとることが大切です。

ですが食品から葉酸を必要量摂取するのはとても大変です。野菜のみで作られた青汁も良いですが、もっと最適なのは葉酸が含まれたサプリでしょう。葉酸サプリを利用すれば手軽に必要量を摂取することができるので、食事に合わせて飲むことをオススメします。