血糖値の上昇は血管への負担や糖尿病のリスクが!青汁で血糖値の上昇を予防しよう

血糖値が高くなることで、血管への負担が上がることや糖尿病のリスクが高まります。また、コレステロールにも影響してさらに血液環境を悪化させます。

青汁には血糖値の上昇を抑える効果が期待できる成分が含まれています。青汁を食事前に飲むことで血液環境の改善に役立つでしょう。

血糖値が高いとどうなる?

高血糖による悪影響

血糖値とは血液中のグルコースの濃度のことです。グルコースは動物が活動するためのエネルギー源となります。

メモ
つまり血糖値が低くなるとエネルギー不足で動けなくなってしまうのです。だからと言ってたくさんあった方が良いわけでありません。

血糖値は高くなると重篤な病気になる可能性があるので、青汁を飲んで様々な予防を張るべきだと言えるでしょう。

血糖値が必要以上に高くなると、血液の粘度が高くなって流れが悪くなります。そのため血管の内壁に負荷がかかりダメージを与えることになるのです。

ダメージを受けた内壁は損傷するため、修復されます。この時に将来の損傷に備えようとして内壁を厚くしてしまいます。このことが血糖値に大きな影響を及ぼしているのです。

ダメージを受けにくくなることは良いのですが、その分血管が細くなって通りが悪くなるというデメリットがあります。そのため余計に流れが悪くなるという悪循環が生じるのです。

流れをスムーズにするためには毎日の食事に青汁を取り入れることがおすすめになります。血管は体を正常に保つために重要な器官であるので、ここをきちんとケアするとが大切です。

高血糖による症状はさまざま

血糖値は正常であれば、空腹時で110mg/dl、食事をすることで上昇して、2時間程度で140mg/dlまで下がります。血糖値が異常に高くなる高血糖の場合、その程度によって様々な症状が現れます。

高血糖にならないようにするためには、適度な運動と青汁生活を始めてみてください。それだけで改善する可能性が高くなります。

メモ
200mg/dl程度では高い状態ですが自覚症状はありません。300から400mg/dlで、のどの渇きを感じて水が欲しくなります。

ただし、いくら水分補給しても吸収されないため喉の渇きが解消されません。また尿意も増えます。どんどん体内の水分がなくなり、ますます血糖値が上がる状態です。血糖値を下げるためには青汁を飲みましょう。それが健康生活の第一歩になります。

さらに血流が悪くなるので疲れやすくなることも考えられます。500mg/dlを超えると吐き気や嘔吐が現れます。意識が遠くなり昏睡状態になるおそれもあります。

血糖値 症状
110mg/dl 正常な状態
200mg/dl 高いが自覚症状はない
300から400mg/dl のどが渇く
500mg/dl 吐き気や嘔吐

食後の血糖値が140mg/dl程度なら正常な範囲だと言われています。しかし200mg/dlを超えると糖尿病の可能性が高いので注意が必要です。

糖尿病の予防にも青汁は最適だと言えます。豊富なビタミンや食物繊維は、血糖値を正常に保つサポートとして活躍してくれます。

高血糖による病気と言えば糖尿病

血糖値が高くなると心配なのが糖尿病です。糖尿病には原因によって2類型に分けることができます。

ここがポイント!
遺伝的な要因もありますが、過食や運動不足なども原因になるため注意が必要です。

1型は体内でインスリンを生成できないことが原因で発症する糖尿病です。これは血糖値が高くなることで発症する糖尿病とは違います

暴飲暴食はもってのほかですが、栄養状態があまりよくない食生活をしている場合も改める必要があります。運動不足を解消しながら毎日1杯青汁を飲んでください。

高血糖によって発症する糖尿病は2型になります。2型にも2つの分類があります。1つはインスリン自体が十分に分泌されない状態です。

もう1つはインスリンに抵抗性があるものです。生活習慣が原因で発症するのはこのタイプが多くなります。血糖値が高くなるとインスリンが分泌されますが、効き目が悪くなっているので血糖値を下げることができません。

糖尿病によって起こる障害

血糖値が上昇すると糖尿病の危険性が高まります。糖尿病は遺伝で発症すると言われていますが、環境による要因も大きくなっています。

栄養状態や運動不足、精神的な問題など、いくつもの原因が重なって起こるのです。すぐに生活を改めることは難しいですが、青汁なら毎日1杯飲むだけで体質改善につながります。

糖尿病はその名称だけを見ると、糖分を摂り過ぎたことで起こる病気のようなイメージがありますが、実は血管の障害が起こることが多いのです。

血糖値が高まると血管に圧力がかかり、血液の流れがスムーズにできなくなります。血液の流れが悪くなると様々な血管の障害が起こるのです。

血管の流れを良くするためには生活習慣を正しく行い、食生活の改善をしてください。青汁を取り入れることも有効な手段です。

血管障害が頻繁に繰り返されると
  • 網膜症
  • 神経症
  • 腎症
上記のような障害が起こり、寿命を縮めてしまう重篤な病気だと言えます。このような危険な糖尿病にならないようにするためにも、健康的な生活を送ることが重要になります。

血糖値が高くなる人と高くならない人

どのような人でも食事を摂ることで血糖値は高くなります。血液中の糖はエネルギーとして使われるため蓄積されます。

つまりエネルギーを使うことで消費されます。消費する量と摂取する量が等しければ血糖値が高くなることはありません。ですから青汁を飲んで血糖値を正常に保ち、健康的な生活を送ることが推奨されます。

必要以上に糖分を摂取してしまう人は、処理できない分が血中に残り血糖値が高くなります。運動しないにもかかわらず多くの炭水化物を摂取すると、血糖値を高くすることに繋がるのです。

空腹な状態で運動をすると血液中の糖分が必要以上に消費され、低血糖な状態になります。あまり低くなると交感神経や中枢神経に症状が現れます。ですから無理なダイエットはよくないのです。

ここがポイント!
血糖値を適度に保つためには正しい食生活が重要だと言えるでしょう。そのためには青汁がとてもおすすめです。

血糖値を正常に保つためには

インスリンの分泌量に気をつけよう

血中の糖はインスリンによって各臓器の細胞に取り込まれ、エネルギーとして消費します。インスリンは常に分泌されています。それが基礎分泌と言われているものです。

血中の糖は食事によって増加します。食事をすると小腸から分泌を促す信号が送られて、それに併せてインスリンも増加しています。これが追加分泌です。

健康な人はこのバランスが適切な状態で維持できています。インスリンの分泌量と血糖値は、タイミングも量も適当であることが求められているのです。

青汁には糖尿病にならないようにする作用が期待できます。できるだけバランスの良い状態を保ち、糖分を摂り過ぎないようにしてください。

分泌が十分に行われないことで血糖値が高くなり、糖尿病になることもあります。また、血液中の糖が増加していない時にインスリンの追加分泌が起こると、必要以上に糖を吸収することになるので低血糖症になる恐れがあります。

血糖値を正常にする働きがあることで青汁が注目されているのは、青汁に含まれている豊富な栄養素のおかげです。積極的に青汁を飲んで様々な病気の予防をしておきましょう。

血糖値の上昇はどう防げるのか

血糖値が上昇するのは元となる糖質を摂取するからです。糖質といっても甘いものばかりではありません。炭水化物であるお米やパン、麺類なども糖の元となります。食べているものが炭水化物中心だと注意が必要になり、出来るだけ青汁を取り入れるべきだと言えます。

メモ
そのため普通に食事を取るだけで糖は上昇します。上昇してからインスリンが分泌されると処理が間に合わないため、血糖値が高いままになるのです。

血糖値の上昇を緩やかにすることができれば、インスリンが分泌される時間が稼げるため、すぐに分解して吸収することができるので血糖値が上昇しません。

食事が始まったと認識した小腸は、インスリンの分泌を促します。その間は糖が少ない食材なので問題ありません。糖質の高い食材を食べる頃には十分にインスリンが分泌されています。

食事を食べる順番と時間

血糖値を上げないようにするためには、糖質の少ない食材から食べ始めることです。食前に青汁を飲むこともいいでしょう。食べる前に飲むと胃腸を刺激することなく食事ができます。

食事の際には糖質であるご飯や麺類からではなく、副菜として食卓にあるサラダや野菜料理から食べてください。この食事の順番を守るだけで血糖値のコントロールが可能になります。そうして青汁を生活に取り入れましょう。

そしてゆっくりと食べるように心がけます。食事を始めてからインスリンが分泌されるまではある程度の時間が必要です。インスリンが分泌される前に食事を終わらせてしまうと満腹感を感じず、その結果たくさん食べてしまうことになります。

食事にはだいたい15分程度は時間を掛けてゆっくりと食べてください。それが血糖値をコントロールすることに繋がるのです。

血糖値が上がればコレステロールも増える

血液中には糖の他に脂質であるコレステロールがあります。血糖値とコレステロール値に直接的な関係はありません。ただし、血糖値が上がることでコレステロールも上昇するのです。

コレステロールを下げる働きが青汁にはあります。青汁に含まれている栄養素はコレステロールを分解して血液の流れをスムーズにしてくれます。

血糖値が上がるとインスリンが分泌されます。インスリンには余ったブドウ糖を中性脂肪として取り込む働きもあります。つまり、異常に上昇した血中の糖分は脂肪に生まれ変わり、コレステロール値も上昇する要因になるのです。

この脂肪を燃焼させることで、コレステロールを減らせることになるのです。青汁に含まれているビタミンやミネラルには、脂肪を燃焼させる効果があります。

血糖値が高いことで血液の粘度が上昇しますが、コレステロール値が上がることでさらに粘度が上昇します。血管内の環境は悪化する一方です。

ここがポイント!
そのため動脈硬化などのリスクが高くなります。健康的な生活を送るためには血糖値のコントロールは重要です。

青汁で手軽に血糖値を下げられる

食生活の改善には青汁がおすすめ

血糖値が高い人は肉や甘いものを好んで野菜を取らない傾向にあります。野菜中心の食事に変えるだけでも、摂取する糖質が減るので血糖値に効果があります。

しかし忙しいとなかなか食生活に気を使うことは難しいのが現実です。そんな時は青汁が効果的です。青汁に含まれるケールや大麦若葉などの緑黄色野菜には、多くの食物繊維やビタミンB群、マグネシウムが含まれています。

さらに食事の前に青汁を飲むことで糖質の吸収を抑えることができます。これは青汁に含まれる食物繊維の働きです。

メモ
とくに水溶性の食物繊維は水に溶けることで粘度が上がります。その粘度によって糖質の吸収を妨げてくれるため、血糖値の上昇を緩やかにする働きがあります。

食物繊維が豊富に含まれている青汁を飲むことで血糖値を下げる効果に期待できます。血糖値のコントロールだけでなく、コレステロールが気になる人なども青汁はおすすめです。

青汁に含まれている栄養素の働き

青汁には普段食事では食べることがないような野菜が配合されています。青汁のメイン素材にはいくつかあり、前述したケールや大麦若葉は有名ですが、明日葉と言われる珍しい野菜が使われた青汁も存在しています。

明日葉はその名前の通り、今日摘んでも明日には葉が生えてくると言われています。生命力が溢れている野菜なのです。

この明日葉にはカルコンという成分があり、カルコンには血糖値の上昇を抑える働きや抗酸化作用、利尿作用の働きに期待できます。そして血管を広げて血液の流れをスムーズに行う力も持っているのです。
ここがポイント!
そのため、明日葉は血糖値の上昇によって起こる症状に悩んでいる方に、ピッタリの成分だと言えるでしょう。

このように青汁にも様々な種類がありますので、自分に合ったタイプのものを選んでください。それが今後の血糖値改善に繋がるのです。

青汁は生活習慣病全般に効果があるので、ぜひ生活に取り入れてみてください。そして食事だけでなく、運動も同時に行うといいでしょう。最初は手軽なウォーキング程度でいいので、運動も視野に入れて健康的な生活を送ってください。

血糖値を下げて健康的な生活を

運動による糖質の消費も合わせるとより効果的

血中の糖質はエネルギーにするために使われます。特に少し負荷のある有酸素運動をした時に多く使われます。青汁も効果的ですが、適度にカラダを動かす方法も有効です。

食事によって血糖値が上がった後で運動をするとブドウ糖が筋肉に取り入れやすくなり、そのため血中に糖が残らない状態になります。この血糖降下作用は運動を終えてからも2時間から72時間持続すると言われています。

運動することで長時間の血糖降下作用が期待できるため、次の食事の後の血糖値の上昇にも影響します。しかしこのような運動を毎日行う必要はなく、効果が持続する72時間後、つまり週3日程度行えば十分と言えます。

きつい筋トレをするよりも、軽く息の上がるウォーキングを30分程度行う方が効果的です。普段の生活で無理なく続けられることが重要だと言えるでしょう。そして青汁を毎日飲み続けることで血糖値を正常な状態で維持できます。

高血糖には早めの対策が必要

高血糖になると血管の内壁は常に圧力がかかった状態になります。粘度の高い血液は流れにくいため内壁に残るようになります。その後、飴のように硬化してへばりついて取れなくなってしまい、その部分が剥がれて内壁に傷を作ります。

できるだけ食事や運動をして血糖値の対策をしてください。どうしてもすぐに改善できない場合、せめて生活に青汁を取り入れましょう。

血管の損傷部分は修復の時に厚くなるため内側が細くなり、血液の通りが悪くなってさらに負荷がかる状態です。また損傷部分は、修復のたびに硬くなり弾力性が失われます。結果として壊れやすく損傷しやすい状態になってしまいます。

高血糖の状態が続いている間は同じような条件のままです。このような負のスパイラルに陥らないためにも早めに対策を行って、血糖値を下げて血液の環境を改善する必要があります。

青汁を飲んだり簡単な運動をすることでかなり改善されますので、無理なく続けられる範囲で行ってください。

規則正しい生活をすることが大切

血糖値が上がることで起こる様々な症状は、重篤な病気を引き起こす可能性があります。そのため青汁を飲んだり、食事の内容や食べる順番に気を使い、適度な運動に規則正しい生活をする必要があるでしょう。

中でも手軽に取り入れられるのが青汁です。野菜不足を補うことができるうえに、血糖値を下げる働きにも一役買ってくれますので、とてもおすすめの健康食品だと言えるでしょう。

どんな青汁を購入すればいいのか分からないという場合は、こちらで詳しく紹介していますので参考にしてください。→青汁は種類が多くて選べない…という方に!それぞれの特徴と共にオススメの青汁を伝授!

そして無理のない適度な運動を行うことで、血糖値の上昇を抑えることができます。食事と運動をしっかりと意識して健康生活を維持してください。