好き嫌いが多い子供にこそ青汁は最適!飲み方を工夫して沢山のメリットを得よう

青汁は子供が飲んではいけないという決まりはなく、栄養補給のため、またはジュースの代わりとして飲むことができます。子供は大人より食べ物の好き嫌いが激しいのが普通であり、青汁を飲んで不足する栄養素を補っていくのがよいでしょう。

青汁は子供にこそ飲んでほしい飲み物

青汁は子供に最適な飲み物と言われており、その理由は栄養バランスのよさにあります。緑黄色野菜を粉末化したものであり、少量で野菜不足をカバーできるからです。

野菜は脂肪と糖質が少ないので肥満になりにくい食材ですが、食物繊維とビタミン、カロチンは豊富に含まれています。お腹の調子を整えたり、免疫を高めたりできるので、元気な身体作りのためにも役立ちます。

子供は正直なので、おいしくないと思ったものは口にしようとしません。昔の青汁は大人でも飲みにくいものでしたが、度重なる品質改良によって今は飲みやすくなっています。

特に牛乳に混ぜると飲みやすくなるので、育ち盛りのお子さんのカルシウム補給として活用してください。成長期にグンと身長が伸びますから、この時期の栄養バランスが重要なのです。

ここがポイント!
そのため青汁は年齢や性別に関係なくおすすめできる効果のある健康食品であり、積極的に飲むべき飲料だと言えるでしょう。

子供が青汁を飲むことで得られるメリットはたくさんある

豊富な栄養素が子供の成長をサポート

青汁には子供の成長をサポートしてくれる栄養素がたくさん含まれています。ビタミンはB群が充実していますが、ほかにもビタミンCやE、Kなども含まれています。

ミネラルはカルシウムを筆頭に鉄分、マグネシウムなどが入っており、まさしく飲むサプリメントと言えるでしょう。食材をそのまま加工したものであり、サプリよりも吸収性が高いのがメリットです。

青汁には様々な種類がありますが、ケールや大麦若葉を使用したものは特に高栄養価です。1ヶ月の飲用によって体質や肌の変化を感じられることが多く、大人と比べて子供は実感しやすいと言われています。

栄養素が身体を構成している以上、何歳になってもバランスのよい食生活は欠かせません。青汁には抗酸化力の高いビタミンCとEも含まれているので、風邪やアレルギー予防にも役立つでしょう。

カルシウム豊富で丈夫な体を作る

子供のころは特にカルシウムをたくさん摂ることが大切です。身長に影響してくる栄養素であり、骨の主成分と言えるものです。牛乳嫌いを克服したお子さんの身長がグングン伸びるようになったという話は実際にあります。

青汁にもカルシウムが豊富に含まれており、特にケールの液体青汁には豊富です。冷凍した青汁を解凍して飲むのですが、生搾りの状態で凍結していたので栄養が損なわれずに含まれています。

メモ
粉末タイプの青汁は液体青汁よりカルシウムが少なくなりますが、牛乳と混ぜることで子供の栄養を補うことができるでしょう。

最近はカルシウム2倍の牛乳も登場しており、コップ1杯で1日の半分以上のカルシウムを摂ることができます。身長を少しでも伸ばしたい子供さんには、カルシウムを多めに摂らせてあげましょう。

牛乳と混ぜればカルシウムの量もさらに増える

青汁単体にもたくさんのカルシウムが含まれていますが、さらに栄養価を高めるためには牛乳と混ぜて飲むのがおすすめです。牛乳にはタンパク質が豊富ですから、筋肉や骨の成長を促進してくれます。

育ち盛りの子供さんは栄養をバランスよく摂取することが大切なので、専用シェイカーを使用して牛乳と青汁を混ぜて飲ませてあげましょう。まろやかな青汁を飲むことができます。

ここがポイント!
もしシェイカーがない場合は、ペットボトル飲料の容器をシェイカーの代用とするのもアリです。

青汁は豆乳との相性もよいですが、カルシウム補給が目的なら牛乳と組み合わせましょう。子供さんの肥満が気になるなら、低脂肪乳と混ぜることをおすすめします。脂肪分の少ない牛乳は肥満予防に役立つので、たくさん牛乳を飲まれるお子さんに最適です。

野菜嫌いの子供でも比較的摂取しやすい青汁

子供は食に対して正直で、好き嫌いがかなりハッキリとしています。ですから嫌いなものは徹底して食べないというお子さんは多いでしょう。ハンバーグにピーマンやニンジンを混ぜても、それらを取り除いて食べるという話は実際にたくさんあります。

子供のころに野菜嫌いになってしまうと、大人になっても改善しにくいと言われています。栄養バランスを崩す原因にもなりますから、青汁で補給させてあげましょう。

メモ
青汁は粉末タイプが主流であり、少量でも効率よく野菜を摂れる仕組みになっています。

栄養価はケールが一番高いですが、飲みやすさとのバランスがよい大麦若葉が一番売れています。各種ビタミンとミネラルが豊富であり、カルシウムの吸収を助けるビタミンKも多く含まれています。

飲み方に工夫することで青汁嫌いを克服する

青汁のレシピで料理にもアレンジできる

子供のうちに食べ物の好き嫌いをなくしておけば、大人になってからメリットを実感できます。好き嫌いなく食べられるメリットは、バランスのよい栄養摂取につながります。

そこで料理に青汁のレシピを取り入れることで、野菜をたくさん摂ることができるでしょう。食物繊維とビタミンが豊富なので、お腹の調子を整えたり、基礎代謝を促進したりできます。

ここがポイント!
青汁はスープとの相性もよく、スープに混ぜて飲んでいる方もいます。子供が大好きなクリームシチューとは特に相性がよく、手軽に野菜を補給できるでしょう。
例えばシチュー1杯に5gの粉末青汁を混合させれば、50gに相当する野菜が補給できると言われています。粉末青汁は水分を飛ばしているので量は少なくても、野菜の栄養価は凝縮されているのです。

それではネット上で人気となっている、青汁のアレンジレシピを少しご紹介いたします。いつもの食卓に青汁メニューをプラスして、ぜひ子供さんと一緒に味わってみてください。

青汁レシピ 簡単な作り方
寒天ゼリー 寒天の素と水を煮詰めて青汁の粉末を加えてよく混ぜる。型に流しいれて冷蔵庫で固まるまで冷やす。お好みできなこなどを振りかけると子供のおやつにおすすめ。
スムージー 好みの果物や野菜を小さく切ってから、青汁粉末を入れて水か牛乳と一緒にミキサーで攪拌。夏場は氷を数個入れると冷えて美味しいスムージーになる。
ケーキ ホットケーキを作る過程で青汁粉末を加える。全部の材料がしっかり混ざったら炊飯器に入れて炊飯スイッチを押す。様子を見ながら中までしっかり炊くだけで子供が喜ぶケーキの完成。

青汁には最初からゼリーになっている商品もあります。青汁ゼリーについてはこちらで詳しく紹介しています。→青汁が苦手な人にもおすすめ!デザート感覚でしっかり栄養素も摂取できる青汁ゼリー

飲みにくい青汁はジュースを混ぜて飲みやすく

青汁はジュースと混ぜると飲みやすくなることが多いです。ニンジンベースの野菜ジュースは飲みやすいので、これに少量の青汁を混ぜて飲んでいる方もいます。

フルーツジュースは全般的に甘いので、青汁を混ぜても飲みやすいと言えるでしょう。自分なりにいろいろと試してみて、子供が好みそうな組み合わせを増やしていくことが大切です。

子供が好きな飲み物と混ぜることで、続けて飲むことができます。青汁パワーを実感するにはある程度の時間がかかるので、少なくとも1ヶ月は継続しましょう。

メモ
ジュースは基本的に果汁100%のタイプを指しており、果汁50%になるとドリンクと呼んでいます。

ドリンクと比べてジュースは栄養価が高く、ビタミンやミネラルを補給するのに適しています。特にストレート果汁のジュースは、濃縮果汁還元のタイプより栄養価が高いのが特徴です。

果物と一緒に摂ることでたくさんの栄養を補給できる

甘いものがほしいときのおやつ代わりに青汁を

子供のおやつと言えば昔は果物が主流でしたが、現代だとお菓子などの添加物がたっぷり含まれたものが食べられています。

しかし添加物が入ったお菓子を食べ続けることで栄養が偏り、体調不良になることもあります。ですから成長期の子供さんの食事は、とくに気を使うべきだと言えるでしょう。

そこで子供のおやつ代わりに、青汁と果物をミキサーにかけてスムージーにして飲んだりすることがおすすめです。

果物 含まれている栄養価 不足するとどうなる?
バナナ・さくらんぼ カリウム カリウムが足らないと集中力や筋力の低下を招く。
メロン ビタミンA ビタミンAが不足すると目が悪くなったり皮膚粘膜が乾燥してくる。
レモン・アセロラ ビタミンC ビタミンCが欠乏すると免疫力が低くなり風邪などを引きやすくなる。

青汁で子供に足りていない栄養をたくさん摂りたいのなら、一緒に摂る果物にどんな成分が入っているのかをチェックしてみましょう。そうすることで成長期の子供の体作りをサポートできるのです。

初めからフルーツ成分の入った青汁も売っている

青汁にはフルーツ成分を配合して飲みやすくしたタイプもあり、子供からの人気も高くなっています。フルーツ特有の甘さが青野菜の風味をマイルドにして飲みやすくなっているのです。

フルーツにもたくさんのビタミンやカリウムが含まれているので、野菜不足の代用ともできるでしょう。空腹時にフルーツ入りの青汁を飲んでおけば、適度にお腹が膨らむので間食を防ぐことができます。

お子さんのための青汁選びでは、実際に飲んでもらうのが一番よいです。使われているメイン野菜によって味が違いますから、飲み比べてみて子供さんの好きな商品を選んでください。

青汁はおいしくて栄養価が高いものが好ましく、人気の素材は大麦若葉です。ケールはやや青野菜としての風味が強くなるので、苦手と感じるお子さんもいます。

ここがポイント!
しかしケールの青汁はフルーツジュースと混合すると飲みやすくなるので、飲み方の工夫をしておいしく活用できるでしょう。

飲みやすい青汁は年々増加傾向に

昔の青汁は特有の風味があり、子供はもちろん、大人でも飲みやすいとは言えませんでした。まずいことをアピールして売り出している青汁も存在していたほどで、罰ゲームで使われることもあったのです。

メモ
昔から身体によいものはおいしくないという認識を持っている方が多かったですが、最近の青汁は子供でも非常に飲みやすくなっています。
おいしい青汁が増えた理由として、おいしくないと継続できないことがあります。どんなに健康によいとわかっていても、口に合わなければ飲むのは苦痛です。1ヶ月などの期限を設けているならまだしも、半永久的に飲むとなると無理があります。

特に子供は好き嫌いがハッキリしているので、最近は子供がおいしく飲める青汁が増えてきています。風味が全体的にマイルドになり、適度な甘さで調整された青汁が多いです。

商品は安全性の高いものを選ぼう

青汁選びをするなら安全性の高い商品を選んで続けたいものです。毎日飲むからこそ身体に優しく、大人にとっても子供にとっても害のないものを選ぶ必要があります。

青汁は基本的に身体に悪いものは含まれていませんが、使用される素材によってはアレルギーが発生することもありえます。アレルゲンは人によって異なるので、そこは確認しておきましょう。

メモ
有名メーカーの青汁は安全性が高く、敏感なお子さんの身体にも適しています。子供は身体が小さいので、大人以上に成分の影響を受けます。
よい成分は短期間で実感しやすい反面、よくない成分を摂ると悪影響が顕著に出やすいのです。子供さんの健康管理をするなら、購入する青汁メーカーのチェックも怠らないようにしてください。

だからこそ栄養成分をチェックして、怪しいと思ったら避けることが大切です。その点、大手健康食品メーカーや製薬会社の商品はどれも信頼性が高いと言えます。