野菜と果物が美味しく摂れる!健康効果が高い青汁サラダプラスの成分や原材料とは?

青汁サラダプラスは優れた栄養価を持つ葉野菜に、様々な野菜や果物をプラスした健康ドリンクです。従来の青汁のイメージとは異なる美味しさと健康効果で、高い評価を受けています。その豊富な栄養はもちろん、飲みやすさも人気の秘密となっています。

青汁サラダプラスの特徴と含まれている成分

青汁サラダプラスは青汁で使用される優れた成分に加え、一般的な青汁にはあまり配合されていない野菜や果物をプラスした効果のある健康ドリンクです。

青汁の持つ良さをさらに高めるための工夫が随所に見受けられており、高い人気を獲得しているのが青汁サラダプラスになります。

青汁の成分としては馴染みのある大麦若葉、ケール、長命草などが含まれています。さらに青汁サラダプラスにはこんにゃく芋やリンゴ、ごぼう、紫芋などが加わることにより、一般的な青汁を超えるほどの健康効果を生み出します。

特にリンゴや紫芋は栄養成分としてだけでなく、飲みやすさにも強く影響を及ぼしています。このおかげで青汁サラダプラスを美味しいと感じる方も多くなっており、長く飲み続けることも別段難しいことではありません。

このように青汁サラダプラスにはたくさんの種類の栄養が活用されているので、野菜不足を解消して健康になることが可能です。実際に効果を感じている方も少なくはありません。

青汁サラダプラスにはどんなものが入っているのか

老化を抑えてくれる大麦若葉

大麦若葉は青汁の原料としては定番の野菜です。優れた栄養成分と健康効果を含んでいるにも関わらず、青汁以外では食べることの少ない植物なので、青汁で摂取することが重要となります。

ここがポイント!
青汁サラダプラスにはこの大麦若葉がたっぷり使用されているので、たった一杯の青汁で豊富な栄養素を摂取できることに繋がるのです。

大麦若葉には様々な効果が秘められていますが、中でも注目なのが抗酸化作用です。抗酸化作用とは体の中にある活性酸素を除去する作用のことで、つまり老化を抑止してくれる効果になります。

活性酸素は正常な細胞を傷つけてしまうことのある物質であり、これがターンオーバーでも修正されないとシワやシミの原因となります。

メモ
つまり青汁サラダプラスには、この活性酸素を除去してくれる抗酸化作用がり、女性にはとても嬉しい老化防止効果の働きに期待できるのです。

青汁サラダプラスには大麦若葉の他にもたくさんの栄養素が配合されていますが、中でもりんごにはリンゴポリフェノールと呼ばれる成分があります。このりんごポリフェノールには強い抗酸化作用があります。

大麦若葉には他にも解毒作用を持つクロロフィルやミネラル、食物繊維などをバランス良く含んでいるのが長所です。この大麦若葉の特徴とりんごポリフェノールの相乗効果で老化を食い止めることが期待できるでしょう。

野菜の王様ケールも含まれている

ケールも青汁サラダプラスを代表する成分の1つです。ケールはその豊富な栄養の量から野菜の王様とも評されることもあります。

青汁サラダプラスにはこのケールが配合されていますので、豊富な効果のある栄養素をふんだんに摂取できるのです。

ケールに特に多く含まれている成分
  • カロテン
  • ルテイン
  • カルシウム
  • ポリフェノール
  • ビタミンC

血糖値の改善にも効果のある青汁サラダプラスを積極的に摂ることで、生活習慣病を予防することもできるでしょう。

ここがポイント!
他にも睡眠を促す効果を持つメラトニンや、精神を安定させてくれるGABAなど、様々な成分が含まれています。

いずれも含まれている量が非常に多いため、ケールは青汁に欠かせないほどの野菜として認識されています。そして青汁サラダプラスには豊富なケールが含まれているので、健康効果がとても高いと言えるでしょう。

また、ケールの搾り汁には水溶性食物繊維が含まれており、水溶性の食物繊維には血糖値の上昇を抑える働きがあります。血糖値の上昇が抑えられるとコレステロール値のコントロールもしやすくなります。

桑葉はコレステロールに絶大な効果を持つ

青汁サラダプラスを効果的に飲むためには、桑葉の特徴を理解しておきましょう。桑葉は大麦若葉やケールほど馴染みのある野菜ではないかもしれませんが、実は大きな効果を持つ野菜の1つです。

桑葉にはDNJという極めて希少な成分が含まれています。この成分は現在のところ桑葉にのみ含まれていることが確認されている成分であり、血糖値を下げたり、活性酸素を除去したりする効果を持っています。

ですからコレステロールが気になる方には、青汁サラダプラスを飲むことはとてもおすすめになります。

血糖値を下げる効果ということはコレステロール値を改善することにも繋がりますので、これだけでも桑葉を原料の1つとして使用するメリットとしては十分です。さらに他にもカルシウムやビタミン、ミネラルなどを多く含有しています。

メモ
また、貧血予防に効果がある鉄分や日々の健康を維持する上で重要な食物繊維に関してもその含有量が多く、豊富な利点を持つ植物と言えます。

豊富なミネラルを持つサトウキビ

青汁サラダプラスにはサトウキビも入っています。サトウキビは砂糖の原料としてよく知られていますが、砂糖として摂取した時とサトウキビそのものを摂取した時では効果が大きく変わります。

サトウキビそのものはスーパーフードと呼ばれるほど、豊富な栄養を含んでいます。ですからサトウキビを原料とした黒糖は栄養補給として効果があるので、そのままおやつ代わりに食べる方もいるのです。

このサトウキビが青汁サラダプラスに配合されているということは、スーパーフードの豊富な栄養素も一緒に取り入れることが可能になります。

サトウキビに含まれている成分 主な特徴
ミネラル 人体を構成する重要な成分のひとつ。
カルシウム 骨の形成に欠かせない成分。
ビタミンB群 疲労回復効果に期待できる代表的なビタミン。
鉄分 貧血を改善したり予防に効果がある。
カリウム 塩分を排出してくれる効果がある。

中でも注目すべきなのがカリウムです。カリウムはミネラルの1つですが、様々なミネラルの中にでも特に人間が摂取すべきものとされており、塩分などに含まれるナトリウムを排出する働きを持っています。ナトリウムを排出すれば血圧を下げることができます。

他にもコレステロール値を下げることを助けたり、中性脂肪を低下させたりする効果も期待できますので、青汁サラダプラスを積極的に飲んで体質改善を図りましょう。

癖の少ないカンダバーで飲みやすい味に

青汁サラダプラスに配合されている少し珍しい植物の1つにカンダバーがあります。カンダバーとは沖縄で昔から食されてきた植物であり、豊富なビタミンと食物繊維を含んでいるのが特徴です。

その健康効果も高く、沖縄では雑炊などにも使われるほど馴染みのある植物ですが、それ以外の都道府県ではそれほど食べる機会は多くないかもしれません。これは青汁サラダプラスを飲むことの希少価値があると言えるポイントです。

しかしその栄養価の高さと味わいから、日本各地で食べられていても不思議でない魅力を持っています。青汁サラダプラスではその栄養価はもちろん、飲みやすさを向上させるためにもカンダバーを配合しています。

青汁の効果を感じるためには飲み続けることが非常に重要なので、こういった飲みやすくする工夫は嬉しいポイントと言えます。また、カンダバーには抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれています。

青汁サラダプラスには飲むメリットがたくさん

青臭くないとのコメントが多数

青汁サラダプラスの口コミを見ていると、まず目に入るのがその飲みやすさを称賛する声です。青汁サラダプラスでは効果の高さをしっかりと保ちつつ、飲みやすくなるような植物を絶妙のバランスで配合しています。そのため、青臭さを感じにくくなっています。

ここがポイント!
実際にすっきりとした飲み心地は、青汁を毎日続ける必要性を維持することにも繋がります。

青汁サラダプラスの原料を見ても、リンゴや抹茶、紫芋など美味しくなる要素がたくさん見受けられます。もちろんこれらの原料は美味しさをプラスする効果と同時に、栄養価の上昇にも貢献しています。

原料は国産野菜にこだわっており、1つ1つの野菜の質が高いのも特徴です。野菜としても価値の高いものを青汁に配合しており、効果と飲みやすさを両立しているところが、青汁サラダプラスの人気のポイントとなっています。

青汁サラダプラスの詳しい解説はこちらでも紹介しています。→野菜・酵素不足の解消やダイエットの強い味方!健康体を目指すなら青汁サラダプラス

癖がないためさまざまな組み合わせが可能

青汁サラダプラスの青臭さを感じにくいという特徴は、飲みやすいという特徴以外にもメリットをもたらしています。それは様々なものと組み合わせることが可能になり、さらなる効果に期待できるということです。

例えば青汁サラダプラスに牛乳やヨーグルトを入れてカルシウムをプラスしたり、食事中に飲んだりすることも可能です。普通の青汁にはできないような組み合わせもできます。

一緒に組み合わせる食品によっては、便秘解消やダイエット、美容効果にも期待できます。例えば、オリゴ糖を加えるとお通じが良くなり、フルーツをプラスすると美肌といった具合に、相乗効果も狙えるのです。

このおかげで青汁サラダプラスは、工夫次第で子供達におやつ感覚で飲ませることもできます。従来の青汁のイメージとは大きく異なるドリンクとなっています。青汁は健康の高い飲み物ですから、今までに青汁を飲んでみて途中で断念してしまったという方にもお勧めできます。

インターネット上では様々な組み合わせ手段が提案されているので、そちらを参考にして、青汁サラダプラスと一緒に飲む効果のある組み合わせを探すのもよいでしょう。

メモ
色々な飲み物と組み合わせることで、自分に合った味に出会えるはずです。そうすることで毎日の青汁生活がより効果の高いものになるでしょう。

きなこや豆乳を入れてイソフラボンを一緒に摂れる

青汁サラダプラスと相性抜群の食材として、きなこと豆乳があります。きなこと豆乳はどちらも大豆製品なのでイソフラボンが含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た効果のある働きを持つ成分であり、肌環境を整えてくれたり、髪のツヤを美しくしてくれたりすることが期待できます。

また、野菜にはあまり含まれていないタンパク質を摂れるという点でも、青汁サラダプラスとの相性は優秀と言えます。

加えて味わいという観点でもきなこや豆乳はうってつけです。どちらも味をまろやかにする効果を持っており、たまに味の気分転換として組み合わせるのもお勧めです。

メモ
大豆製品側から見ても、大豆からは摂取の難しいビタミンを豊富に得られるメリットがたくさんあります。

ポタージュとして料理の一品にも

青汁サラダプラスはそのまま飲んでも美味しく、大豆製品と組み合わせてもさらに飲みやすくなりますが、料理の1つとして加えることもできます。例えば出汁やコンソメなどを入れることでポタージュスープにすることができます。

メモ
青汁サラダプラスに含まれている葉野菜は基本的にスープと相性が良く、その味わいや効果を向上させることができます。

ポタージュスープとして食卓に出せば青汁が入っていることには気づかれないこともありますので、青汁が苦手と感じている家族にも食べさせることが可能になります。

とくに最近は野菜不足が深刻化している状態です。そこで豊富で効果のある健康食品を積極的に摂ることが推奨されています。家族の健康を守るお母さんは、青汁サラダプラスを毎日の食卓にプラスしてみましょう。

他にもカレーの隠し味として入れてみることもお勧めです。カレーの場合、スパイスで野菜の苦味を感じにくくなるので、子供達でも食べやすくなります。好物としている子が多いカレーだと、自然とたくさん食べてくれることでしょう。

青汁サラダプラスをいつものメニューに付け足すといった工夫をするだけで、家族の健康効果を高めていつまでも元気で過ごすことができるのです。