青汁とスムージーの違いは一体何?どちらの方が健康に良い効果があるのか徹底解明!

食生活の乱れを改善するために、青汁やスムージーはおすすめのアイテムだと言えるでしょう。

普段不足しがちな野菜や果物に含まれる成分を効率的に摂取できますし、飲み方、作り方を工夫することで、より長く飽きずに続けることが可能です。

青汁は基本的に野菜のみを使っている

青汁は基本的に生野菜を使用しています。内容成分に関しては商品によって多少の差はあるものの、明日葉やケール、大麦若葉などの青物野菜がふんだんに使われているため、普段不足しがちな栄養成分をピンポイントで補給していくことが出来ます。

青汁には食物繊維はもちろんですがビタミンやカリウム、カルシウムなどの栄養成分が豊富に含まれています。食物繊維は胃腸の働きを活発にしていきますし、それによって便秘や下痢の症状を緩和することが出来ます。

また、その他の栄養成分についても人間が生きていく上では欠かせない成分のため、普段から積極的に摂取していくことが大切になってきます。

ここがポイント!
普段の生活の中で、外食が多ければその分野菜の摂取量も減ってしまいますが、そんな時にこそ青汁の存在が役立ってくるわけです。

スムージーは野菜と果物が組み合わさった飲み物

青汁とスムージーとで存在が似通っている部分もありますが、実はその内容には大きな違いがあります。先に挙げたように、青汁は青物野菜を中心に作られていますが、グリーンスムージーは野菜にプラスして果物も一緒に取り入れていくことが出来ます。

自然と甘みを引き出してくれるのがスムージー

野菜だけだとどうしても甘みが足りず、人によっては好みが大きく別れてしまいます。もちろん、商品によっては砂糖をプラスして風味を良くしているものもありますが、スムージーであればその必要がありません。

ここがポイント!
そもそも、野菜と一緒にフルーツを入れることで自然と甘みを引き出すことができるというわけです。

果物にはその独特の甘みがあるだけでなく、ミネラルやビタミンなどの栄養成分が豊富に含まれています。美肌効果、健康効果にも期待が出来るため、食生活に取り入れることで自然と体調を整えることも可能になります。

食材を凍らせれば冷たいスムージーがつくれる

食材を生のままでミキサーにかけていくスムージーですが、毎日同じような食材ばかりを使っていては飽きてしまう恐れも出てきます。もちろん、スムージーは体に良いものですから毎日飲むに越したことはありません。

ただ、だからと言って毎日毎日同じものばかりを飲んでいては、気分も落ち込んでしまいますし、楽しみも損なわれていきます。そこでおすすめなのが、食材を凍らせてスムージーを作る方法です。

ここがポイント!
食材が凍っているというだけでも触感、味に変化を付けることが出来ますし、夏場の季節にはちょうどいいデザートとしても取り入れることが出来ます。

スムージーは毎日続けることに意味がありますが、これはあくまで無理なく、楽しみながらおいしいと感じることが大前提です。飽きないように、毎日食材に変化を付けることで乗り切っていくといいでしょう。

野菜の代わりに青汁を使ったスムージーも人気

スムージーには野菜と果物がバランスよく入っていますが、時に野菜の代わりに青汁を使うこともあります。青汁は先に挙げたように食物繊維が豊富に含まれていて、胃腸の調子を整えるには最適の食品となります。

メモ
生野菜をそのまま加えるだけでも食物繊維はとれますが、やはり栄養成分が凝縮された青汁の方が効果は期待できるでしょう。

しかし青汁を入れることで風味が大きく変わってしまうのでは、苦くなってしまうのではと思われる人もいるかもしれませんが、実際はそうでもありません。

食材のバランス次第で「味は自由に変えることが出来る」、これがスムージーの魅力ですし、果物を多めに入れることで人工的な成分を入れることなく甘みを感じることもできます。

青汁のほうが苦味は強めに出る

先に挙げたように、スムージーに青汁を用いる場合には苦みが強く出る場合があります。野菜の場合であればここまで極端に苦くなることはありません。とはいえ、含まれる栄養素のことを考慮すれば、この苦みを耐えるに越したことはありません。

青汁であれば全部が苦いと思われている人も中にはいるかもしれませんが、実際はそうではありません。商品、メーカーによっては子供でも飲みやすいようにと苦みをできるだけ抑えたものもあります。こうした青汁を選んでスムージーに取り入れることが出来れば、苦みに対する対処は完璧です。

スムージーに青汁を取り入れていきたい時にはまず、初心者でも飲みやすい苦みの少ない青汁を探していくことからはじめていくといいでしょう。

混ぜる果物を変えることで青汁の味を変化させることができる

スムージーに入れる青汁は苦みの少ないものを選ぶこと、そしてそれに加える果物の種類を変化させていくことで飽きをなくしていきます。そもそも青汁と合わせる果物は種類によって大きく味を変化させることが出来ます。

ここがポイント!
バナナやイチゴなどの果物であれば、包丁を使わずにミキサーに入れるだけでスムージーが作れますし、味も比較的やさしい風合いになります。
特にバナナはスムージーに取り入れることでドロッとした独特の触感を生み出していきます。空腹を紛らわすために、腹持ちのいいスムージーを作っていきたいという人にもうってつけだと言えるでしょう。

初心者であれば、青汁との相性がいいりんごやキウイを組み合わせていくのもおすすめです。実際にりんごと青汁との組み合わせは商品化されているものも多く、初めて青汁を飲む人も抵抗なく続けることが出来ます。

ダイエットを目的として考えた場合の果物の存在

ただ、砂糖を避けるためだけに果物ばかりを取り入れるのも時に危険です。それでは果物がダイエットにとってどのような存在であるのかを説明いたします。

果物の果糖はダイエットの際に妨げになってしまうことも

果物に多く含まれる果糖という成分は、あまりに多く摂取してしまうとそれが原因で中性脂肪を極端にため込んでしまう性質があります。つまり、砂糖を摂りたくないからといって果物ばかりを食べていれば、ダイエットの逆効果となってしまうわけです。

本来、果物は1日当たり200グラム食べるのが最適とされています。それ以上摂取すれば、先に挙げたようなデメリットがでてくるため、スムージーを作る際にもこの200グラムという数字を参考にしていくといいでしょう。

あまり神経質になる必要はありませんが、少なくともこの規定量を守ることで極端に太ることは防ぐことが出来ます。

ダイエットの面では青汁が一枚上手

先にも挙げたように、スムージーは野菜と一緒に果物も一緒に取り入れることになるため、場合によっては果糖を摂りすぎることがあります。ある程度の量であれば問題はありませんが、極端に量が多すぎるとそれがダイエットの天敵となってしまうため、甘いのが好き、果物が好きという人は注意が必要です。

その点、青汁であれば果物が一切含まれていないため、野菜だけをピンポイントに取り入れていくことが出来ます。果物を食べすぎて太ってしまうリスクもないため、ダイエットに関して言えば青汁の方が一枚上手と言えるわけです。

もちろん、健康な体作りのためにというのであればスムージーでも問題はありませんが、ダイエット目的の場合には青汁の方を積極的に取り入れていくといいでしょう。

青汁の効果を最大限に引き出して飲む方法

健康な体作りには青汁がおススメですが、その青汁の成分を最大限に引き出して飲む方法をご紹介します。効率よく栄養を摂取するためにも、きちんと考えて青汁を飲みましょう。

吸収力を良くするには温かい青汁が効果的

青汁は冷たい状態で飲むものと思われている人もいるかもしれませんが、身体への吸収率を考慮すれば温かい状態で取り入れるのもおすすめです。

そもそも温かい飲み物はそれだけで体を芯から温める効果があります。体の冷えを解消して、胃腸の動きを活発にすることが出来るため、自然と成分の吸収率も上がっていくわけです。青汁の場合もそれは同様で、冷たい状態よりも、温かい状態で取り入れた方が胃腸への負担は少なくなります。

極端に冷えた飲み物を飲めば体も胃腸もびっくりしてしまいますが、体温により近い状態で飲めればそれだけ吸収率も高まります。青汁を飲む際にも効果を高めていきたいなら、その飲み方、温度にも着目していきましょう。

青汁を飲むタイミングはいつがいい?

青汁は基本的にはいつ飲んでも大丈夫ですが、飲むタイミングを考慮することで様々な効果があります。ダイエットを目的とした場合は、食前に飲むことで食欲を抑えることが可能です。置き換えダイエットにするともっと効果がアップするでしょう。

そして野菜不足を解消したいと考えている場合だと、朝がピッタリです。人は寝ている間にも体力を消費します。ですから起きたあとに栄養補給をすることで、体に十分なエネルギーが行き渡るのです。

ここがポイント!
青汁を飲むタイミングは、自分がどういう目的で飲むのかということを考えることが大切だと言えます。

他の食材との組み合わせで相乗効果を狙う

青汁は粉末タイプのものを水分に溶かして飲む方法が一般的ですが、その水分を牛乳にしたり豆乳にしたりすることで、その食材の持つ成分との相乗効果を狙うことが可能です。

牛乳と一緒に飲むとカルシウムを摂取できますし、豆乳だと大豆イソフラボンという、女性ホルモンに似た働きをする成分に注目できます。女性ホルモンは女性の健康や美容をサポートしてくれる大変重要な成分です。

さらにヨーグルトに青汁粉末を振りかけて食べるという方法もおススメです。乳製品を積極的に摂ることで便秘が解消されるといった嬉しい効果に期待できるでしょう。

また、食品に混ぜて使うことで様々なアレンジレシピがあります。日本最大級の料理レシピサイトである「クックパッド」にも青汁を使ったレシピが多数寄せられており、世間一般の青汁への関心の高さが窺えるでしょう。

ラテ風にした飲み物だったり、寒天に混ぜてデザートにしたりといったレシピは簡単に作れて、見ていてとても楽しいものです。ぜひ青汁を使ったアレンジレシピにも挑戦してください。

どちらも健康にいい飲み物であるということ

ダイエットにはスムージーより青汁の方が向いているとは言いましたが、どちらも健康にいいことに変わりはありません。それこそ、外食が多い人であれば慢性的に野菜や果物が不足した状態です。

メモ
ビタミンやミネラル、食物繊維が不足した環境が続き、その結果として胃腸の状態悪化、代謝低下や肌荒れや便秘を招く恐れもあります。

自分で献立をたてて、自炊することで食生活は改善することが出来ますが、忙しい人だと毎日の自炊は難しいこともあるでしょう。その点、青汁やスムージーを活用すればその負担を軽減していくことが出来ます。

極端な話をあげれば、外食を続けていても、自炊をしなくても、青汁やスムージーを取り入れることで慢性的な野菜不足は解消することが出来るわけです。健康な体作りのために食生活の改善をしていきたいという人はまず、手軽な青汁、スムージーを取り入れることからはじめていくといいでしょう。