青汁が苦手な人にもおすすめ!デザート感覚でしっかり栄養素も摂取できる青汁ゼリー

青汁で栄養不足を補いたいと思っているものの、飲みにくいなどの理由で困っている方もいるかもしれません。

そのような方は飲み物として青汁を飲むのではなく、デザート感覚で摂取できる青汁ゼリーに注目してみるのも1つの方法です。

青汁をデザート感覚で摂ることが出来る青汁ゼリー

青汁を飲むのは苦手だという方は、けっこう多くいるのではないでしょうか。そんな場合は青汁ゼリーを選択すれば、デザート感覚で青汁が摂取できます。ゼリータイプといっても、小さな袋に入っているものもあるため、一口だけ出してさっと食べられます。

粉末タイプの青汁を水に溶かして飲む場合、苦さに加えて粉っぽさがあるなどの理由で、苦手意識を持っていることもあると思います。青汁を飲むのが苦手なのであれば、飲む以外の方法で青汁を摂取できるように工夫することをおススメします。
ここがポイント!
「青汁=飲み物」と思っている方もいますが、最近の青汁は飲み物以外の様々な方法で摂取することも可能なのです。

中でもおススメなのがゼリータイプですが、青汁ゼリーにもさまざまな種類があるので、各メーカーから販売されている商品を比較して、自分にあったものを選択しましょう。

青汁ゼリーのおすすめチェックポイント!

苦手な青汁を摂取する方法として青汁ゼリーはとてもおススメですが、それではどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

そのまま食べるだけで青汁と同等の栄養素

青汁は飲むものだから、青汁ゼリーにしたら飲む場合と比較して栄養素が少なくなると思っていませんか?実際には青汁ゼリーだからといって、青汁よりも栄養素が劣るということはありません。

青汁ゼリーであったとしても、青汁と同等の栄養素が摂取できるのです。そして青汁ゼリーということは、粉タイプの青汁を水に溶かして飲む場合と違い、粉っぽさが口の中に残ることはありません。
メモ
さらにゼリーのため、口の中をさっぱりとさせる効果が期待できるのもポイントの1つとなっています。

そしてゼリータイプでも苦いことに違いはないと思っている方もいますが、抹茶をブレンドすることで苦みを抑えた商品も数多く存在しています。そのような商品に注目して、おいしく栄養を摂取できるようにしましょう。

手軽だから継続させやすい

青汁で足りない栄養素を補いたいと思って飲み始めたものの、長続きしないという方も多くいます。青汁が苦いから途中で辞めてしまうという方もいれば、粉末タイプだと溶かして飲むのが面倒なので辞めてしまう人もいるでしょう。

ここがポイント!
一方、青汁ゼリーであれば、タイミングや場所を選ばずに手軽に摂取できるので、継続させやすいという特徴がみられます。

粉末タイプの青汁の場合、飲む前に溶かすステップが必要です。青汁ゼリーは、水に溶かすなどの手段はありません。袋や容器を開けたら、そのまま食べるだけです。

ゼリーだから食べるためにスプーンが必要と思っている方もいますが、袋から押し出して食べられるタイプのものが多いため、袋を開けたらスプーンなしでそのまま食べられるので、ご自宅でも出先も手軽に摂取できます。

安全性の高いメーカーが多い

飲む青汁とは異なるので、青汁ゼリーの安全性が心配という方も多くいるでしょう。健康のために食べるのですから、安心して食べられるのかというのも大切なポイントです。

安全性が心配な方は、購入する前に青汁ゼリーのメーカーについて情報を集めましょう。メーカーのホームページを参考にすることで、原材料の生産地などの情報が記載されています。

青汁ゼリーのメーカーの中には、生産地にこだわりを持っていることも多く、安全性の高い商品が多く販売されています。原材料の情報を集めて、安心して購入できるようにしたうえで、青汁ゼリーを購入することも大切です。

また、メーカー側の意見だけではなく、実際に購入した方の意見を参考にするのも重要なポイントです。口コミサイトやレビューを参考にして、自分にピッタリ合う青汁ゼリーを探しましょう。

青汁ゼリーの注意するべきポイント

何事にもメリットがあればデメリットが存在しています。青汁ゼリーにも注意するべきポイントがありますが、前もってチェックしておくだけで購入するときの参考になるでしょう。

それでは確認するべき要点をご紹介いたしますので、自分に合った青汁ゼリーを探すときにチェックしてみてください。

食べ過ぎには気をつけよう

青汁ゼリーを食べるときには、1つ注意しなければならない点があります。それは飲む青汁よりも手軽に摂取できるからといって、食べ過ぎないようにすることです。

飲むタイプの青汁の場合、苦い、もしくはお腹にたまるなどの理由で少量しか飲めないという方も多くいます。しかし青汁ゼリーの場合は一口サイズのゼリーに、青汁の栄養が凝縮されています。

一口サイズでおいしい青汁ゼリーであれば、つい食べ過ぎてしまう方もいることでしょう。そして栄養価が高い青汁ゼリーなのだから、食べ過ぎても問題はないと考える方もいるかもしれませんが、そこは注意が必要です。
メモ
栄養価が高いということは、食べ過ぎると特定の栄養素の過剰摂取になる可能性があります。体調を崩すこともあるので、1日の目安摂取量を守ることが大切です。

飲む青汁よりも少し高めの値段

飲む青汁よりも青汁ゼリーのほうが摂取しやすいといっても、摂取のしやすさ以外に注意しなければならない問題があります。それが、青汁ゼリーを毎日食べる場合に関わってくる値段の問題です。

毎日食べるということは、1ヵ月単位でみると家計にとって大きな出費となります。購入する前に1ヵ月あたりどのくらいのお金がかかるか考えてから購入するようにしましょう。

金額面で考慮すると、飲む青汁と青汁ゼリーを比較した場合、青汁ゼリーのほうが少し高めの値段です。少しでも安く青汁を摂取したいと考えているのであれば、飲む青汁を選択することも視野に入れてみてください。

また、青汁ゼリーをお得に購入したい場合、定期購入を利用することも可能です。定期購入を利用することで、通常価格よりもお得な値段で購入することができたり、送料が無料になるといったサービスがあります。

人工甘味料を含んだ商品が多い

青汁ゼリーの特徴の1つに、飲みやすいために甘味料を加えていることが多いという点が挙げられます。天然の甘味料ではなく、人工甘味料を使っている商品が多いのも青汁ゼリーの特徴となっています。

多くの青汁ゼリーで人工甘味料が使われているといっても、健康面を考えると人工甘味料が使われている商品は避けたいと考える方もいるでしょう。そのような方は、購入する前に原材料の表記を確認することが大切です。

メモ
しかし人工甘味料を含んだ商品が多いといっても、中には人工甘味料が使われていない商品も存在しているので、購入前にチェックしておきましょう。

また原材料の表記を確認するのであれば、人工甘味料以外の表記にも注目することが大切です。香料や着色料、保存料の表記も事前に確認して、安心して食べられる青汁ゼリーを選びましょう。

持ち歩くとぬるくなってしまい食べづらくなる

ゼリーを食べるとき、冷蔵庫で冷やしてから食べるという方が多くいらっしゃると思います。ゼリーは冷やした方が、舌触りがよくなるので食べやすいと感じていることでしょう。

メモ
青汁ゼリーの場合も一般的なゼリーと同じです。冷やしたほうが舌触りや食感が良くなるなどのケースも見られます。
青汁ゼリーは冷やしたほうが食べやすくなるといっても、外出先で食べたいと考える方もいるでしょう。そのような方は、持ち歩くとぬるくなって食べづらくなるということを認識したうえで持ち歩く大切です。

ぬるくなるのが嫌なら、食べる直前まで職場の冷蔵庫に入れさせてもらうなど、工夫するのも1つの方法です。食べやすい状態で食べることが、青汁ゼリーを継続して食べるためのコツです。

用途によって買う青汁ゼリーを変えよう

一口に青汁ゼリーといっても、さまざまなメーカーが商品化しています。そのため実際に青汁ゼリーを食べたいと考えているのであれば、購入する商品を検討することが大切です。

購入する青汁ゼリーを決めるうえでポイントとなるのが、どのような用途で青汁ゼリーを食べたいのかという点です。例えば青汁を摂取する目的というのが、美容目的という方もいれば、健康管理のためという方もいます。

摂取する目的が異なれば、必要な栄養素も異なります。そこで自分が摂取する目的に合わせて、青汁に含まれている栄養素を確認するようにしましょう。

メモ
また、青汁ゼリーを外出先で食べることを考えている方は、持ち歩きやすさという点に注目して選ぶことも大切です。

健康管理のための青汁ゼリー

健康になりたいと思って青汁ゼリーを摂取するなら、自分に必要な栄養素を多く含んだものを購入しましょう。

例えば、慢性的な野菜不足を補いたい、最近健康診断で生活習慣病だと言われたなど、健康に気を使いたいと感じている方だと、野菜の王様と呼ばれているケールを主原料とした青汁がおすすめです。

ケールは王様という呼び名が付いているほど、その栄養価は高いことで知られています。豊富なビタミンやカルシウム、ミネラルに食物繊維は野菜不足の解消にピッタリですし、生活習慣病の改善にも役立ちます。
ここがポイント!
また、食物繊維はお通じをスッキリさせる効果にも期待できますので、便秘の悩みがある方にもケールはとてもおすすめです。

美容を目的とした場合の青汁

最近では青汁を美容のために飲む女性が増えています。女性は美容やアンチエイジングにとても敏感です。そんな女性たちが注目しているということは、それだけの効果を感じている方が多いということでしょう。

美容を目的として青汁を飲むのであれば、まずはビタミンCやビタミンEをチェックです。ビタミンCは美白効果があることで知られていますし、ビタミンEは加齢が気になる女性にとって注目するべき効果があります。

メモ
ビタミンEにはアンチエイジングの効能があるのです。人は加齢と共に酸化していきます。その酸化を防ぐ作用がビタミンEにはあり、その働きを抗酸化作用といいます。

美容や美白を目的とするなら、上記2つのビタミン類は絶対に外せない存在だと言えるでしょう。そのため、青汁を選ぶときにはビタミンCとビタミンEは必ず押さえておきたい成分となります。

そしてビタミンCとビタミンEが豊富に含まれている青汁の主原料といえば、大麦若葉が挙げられます。さらに大麦若葉の風味は抹茶のようだと言われているので、摂取しやすい青汁だと言えるでしょう。

青汁と同じく短期では効果が薄い

美容や健康効果を求めて青汁ゼリーを食べる場合、1日や2日食べたからといって、すぐに効果が期待できるわけではありません。継続は力なりという言葉がある通り、1日だけではなく、長期で摂取し続けるからこそ高い効果が期待できるようになります。

高い効果が期待できるようになるまで時間がかかるという点では、飲む青汁も青汁ゼリーでも変わりません。効果が期待できるようになるまである程度の期間がかかることから、無理なく食べ続けられる青汁ゼリーを選択することを忘れないようにしましょう。

メモ
人気がある青汁ゼリーにはパインやりんごといったフルーツが含まれているものがあり、女性が子供でもおいしく食べることができます。

無理なく食べ続けられるというのは、味だけではなく、値段も含めて検討することが大切です。もちろん味や値段だけではなく、効果を期待するために栄養素の確認も重要です。