青汁を選ぶポイントは原材料の比較!安全安心なものを選んで身体の健康を保とう

今話題となっている青汁、だからこそさまざまな種類が市場に並んでいます。それらをきちんと比較して選んでいますか?

青汁であればどれも同じというわけではありません。含まれている原材料やメーカー独自に配合されている成分には様々な違いがあります。あなたはなんのために飲むのですか?それを考えて選びましょう。

青汁の原材料は必ずチェック

原材料や配合されている成分の効果・効能の違い

青汁の基本的な原材料としては、「ケール・大麦若葉・明日葉」の3つが挙げられます。この3種類の野菜は高い栄養価を誇ることで知られており、だから青汁の原材料として利用されているのです。

それらがどの程度配合されているのかも異なりますし、それ以外に抹茶やゴーヤなども入っていたり、食物繊維が多めに入れられていたりします。商品によってその原材料は異なりますので、必ずチェックして選んでください。
メモ
原材料が違えば味も効果や効能も異なります。それに商品によっては食品添加物がたくさん入っている場合もあることを覚えておいてください。

健康のためにと、毎日摂取する青汁が原因で健康被害を受けたくはないでしょう。原材料が野菜だから大丈夫、青汁さえ飲んでいればどんな悩みも解決できる、そんな万能薬ではないのです。

それに、青汁というのは苦くてまずいものという考え方さえ間違っています。商品によっては使われている原材料に工夫がされているので、味も飲みやすく続けやすいものも多くなってきました。

なるべく国産のものを使った青汁を探そう

食品添加物が入っているかどうかだけでなく、青汁に使われている原材料のさまざまな野菜たちの産地にもこだわってください。

そう考えるとなるべく国産の原材料を使った青汁がおすすめだと言えます。海外のお野菜だと、どんな農薬や肥料が使われているか恐ろしいものです。

できれば国産でも特に製法にこだわりを持った野菜を使っている青汁を選びましょう。同じ原材料の明日葉やケールでも、農薬や肥料は少なく栄養成分がたっぷり含まれたものにした方が毎日飲むことによる健康効果は高いです。

それに日本で取れてすぐに青汁に加工したものですから、鮮度の良さも大きな魅力です。原材料が外国産のものだと、日本では農薬指定されていない薬品が使われていたり、遺伝子組み換え食品が使われている可能性もあります。

ここがポイント!
こういった薬品や食品がどのように体に作用するのかを考えると、やはり青汁の原材料は産地にもこだわるべきだと言えるでしょう。

価格はピンからキリまである

同じく青汁と言っても、その価格はピンからキリまで存在しています。とにかく安さにこだわって選んだ場合は、外国産の原材料のものに当たる確率は高いと言えるでしょう。

海外の方が、たとえばアメリカや中国など、日本の20倍以上の広い農地面積で安い人件費で作られているからこそ原材料費が安くなり、その結果、青汁の価格も安くなっているのです。

だからといって、高すぎる原材料が使われている青汁も良いとは言えません。予算面で続けられなくなり、短期間でやめてしまうのであれば、健康効果が得られることなく終わってしまうからです。

青汁は原材料が野菜なので薬ではありません。ですから即効性はないのです。良い効果を得たければ継続することが必要です。毎日飲むものだからこそ、手が届くお値段でこだわった材料の商品を見つけ出してください。

自分のゴールを明確に決めておこう

青汁を飲む目的と、使われている原材料が自分に役立つのかというゴールを予め決めておくといいでしょう。そうすることで日々の生活を改めることの重要性に気付きますし、どんどん調子が良くなっていく自分の体に満足感を覚えるはずです。

美容やアンチエイジングのため、免疫力アップ・体力アップのために青汁は力を発揮します。原材料の栄養価の高い野菜たちは血液をサラサラにしてくれるため、動脈硬化や高血圧・メタボリック症候群の改善や予防にも最適です。

メモ
ストレス緩和にも目の健康にも青汁は良い効果を発揮します。とくに原材料に含まれている食物繊維は腸内環境を整えてくれるので、便秘の解消にも繋がります。

原材料にはさまざまな効果効能があるとはいえ、これらすべての効果が存分に発揮されるというわけではありません。あなたが特に望んでいる効果効能はどれですか?

あなたは何を目指して青汁を毎日飲むのでしょう。ゴールを明確に決め、それに関係する原材料が特に多く含まれている商品を選ぶようにしてください。ただ青汁を飲むというだけでは、目的地までの道のりが遠くなってしまいます。

青汁の主な原材料の効果と飲みやすさの比較

青汁の原材料は主に大麦若葉に明日葉、ケールの3種類です。それぞれがそのように違いがあり、飲みやすさはどうなのかということを比較してみました。

青汁の原材料 飲みやすさ
大麦若葉 抹茶風味の味は女性から子供まで大人気。今現在販売されている青汁の原材料はほとんどが大麦若葉となっている。
明日葉 明日葉は生命力の強い植物であり、その性質から不老長寿の妙薬があるとも伝えられてきた。しかし独特の味は好みが分かれるとも。
ケール クセが強くて一昔前の「まずい」という印象は原材料がケールの青汁からきている。しかしその高い栄養価が見直されて、今では味もかなり改善されている。

それでは具体的な効果について紹介していきます。自分に合った原材料が含まれている青汁選びのポイントをしっかり頭に入れて、購入するときの参考にしてください。

原材料が大麦若葉入りは飲みやすいものが多い

たとえ健康のためとはいえ、まずいものを毎日続けるのは大変です。それなら、大麦若葉が主原料として作られた商品を選ぶようにしてください。

大麦若葉というのは大麦が穂を付ける前の若葉のことです。ビタミンやミネラル・アミノ酸・食物繊維などが豊富に含まれています。それでいて飲みやすいのが特徴です。

苦味やクセがなく、ほのかな牧草の香りは抹茶に似ています。ほのかな甘みもあり、牛乳で割ったら抹茶オレのような感覚で、小さなお子さんでも抵抗なく飲むことができるのです。青汁の原材料としてポピュラーな野菜になっています。

現在生産されている青汁の半数以上は原材料が大麦若葉です。最近の青汁が飲みやすくなっているのはそのためだと言えるでしょう。青汁は苦手だと思っていた方も、ぜひ一度試してみてください。

明日葉はミネラル不足の人にオススメ

苦味や青臭さの少なさでは明日葉が原材料の青汁も負けてはいません。それでいて栄養価も高く、健康効果も十分得ることができるのです。

カルシウムや鉄・マグネシウム・カリウムなどミネラルが不足しているという現代人に、ピッタリのお野菜です。野菜不足を自覚している方は、原材料が明日葉の青汁を選びましょう。

メモ
ミネラルは人の身体では作り出すことができず、それでいて人の健康のために欠かすことのできない成分です。

ミネラルは自然界に広く存在しており、野菜や魚・肉・水などをきちんと摂取していれば不足することはないはずです。しかし、偏った食生活のせいで現代人は不足しがちになっています。

だからといって毎日朝昼晩の食生活を見直すには現代人は忙しすぎます。野菜が原材料の青汁であれば毎日一杯飲むだけです。食事の献立に影響を及ぼすことなく手軽に摂取することができる健康食品だと言えるでしょう。

ケールは癖が強いが豊富な栄養素を持っている

青臭くて苦くて、という一番の原因はケールが原材料の青汁です。アブラナ科でキャベツと同じ仲間ではありながらも、とてもクセの強いお野菜になります。

日本では江戸時代から栽培されておりながらも、生野菜の一つとしてスーパーで見かけることはあまりありませんでした。

ここがポイント!
しかしケールこそ栄養の宝庫なのです。とにかく毎日の青汁生活で健康効果が得たいというのであれば、頑張って原材料がケール入りの商品に挑戦してください。
最近は生のケールも出回り始めました。茹でたり油で炒めることで多少は苦味がやわらぐので、献立の一つに加えてみるのもいいでしょう。しかし実際にそのまま食べることよりも、原材料がケールの青汁を飲むことがとても簡単です。

アメリカではハリウッドスターたちが食事に取り入れるようになり、一大ブームが巻き起こっている、そんな野菜です。

安心安全な青汁のメーカーはここ!

極の青汁はどこのサイトでも上位に食い込んでいる

どんなサイトでも上位に食い込んでいる人気の青汁、それが有名飲料メーカー・サントリーから出ている極の青汁です。

極の青汁の原材料
  • 熊本県阿蘇産の大麦若葉
  • 鹿児島県屋久島産の明日葉
  • 宇治の煎茶
  • 愛知県産の抹茶
上記のように、とことんこだわった原材料は安心ですし、大麦若葉がたっぷりで飲みやすいところも大変魅力となっています。

ここがポイント!
原材料に煎茶や抹茶が配合されていることからも、毎日飲むことが当たり前になっているお茶代わりとしても青汁が飲めるのです。

もちろん栄養成分たっぷりで健康効果もばっちりとなっています。原材料の製造工程や品質基準もメーカー独自の規格が設けられ、大切に作られています。

すでに2億杯突破の商品は、ユーザーが満たされている証拠だと言えるでしょう。お客様満足度も継続意向度も100パーセント近くとなっています。そんな人気の青汁、あなたも試してみませんか。いつでも解約可能の定期お届けコースがイチ押しです。

飲みやすい粒タイプの青汁「贅沢青汁」

とにかく栄養価の高い原材料にケールの入った青汁がいいけれど、続けられるかどうか不安、というのであれば粒タイプの青汁「贅沢青汁」はいかがでしょう。ただ飲み込むだけなら味は気になりません。

  • 九州産のこだわりのケール
  • 沖縄の伝統野菜でポリフェノール含有量がナンバーワンという長命草
  • 福岡県産のブルガリス種クロレラ(ビタミンやアミノ酸・ミネラルが豊富)
このようにたくさんの原材料には野菜が使われており、その他にも健康効果の高い成分にこだわっているのです。

普通に飲もうと思ったら、原材料が野菜だけの飲み物は苦くて青臭くて磯臭くてととても飲めたものではありませんが、粒タイプだからこその材料たちなのです。贅沢青汁も満足度90パーセントの大人気青汁商品となっています。

青汁が苦手な人にはゼリータイプがピッタリ

健康効果が高く本当なら子供からお年寄りまで皆に飲んでもらいたい、けれども野菜が原材料だから苦くて青臭くて小さなお子さんはおろか大人にも敬遠される、それが青汁でした。

ただ最近では改良が進み、かなり飲みやすくなっています。そして今、甘くて美味なゼリータイプのものも出てきているのです。とても原材料が野菜だけとは思えないほど美味しくなっています。

甘いとはいってもカロリーの少ない甘味料が使われていることが多く、体型を気にしている方でも安心です。水で溶かしたりといった手間もなく、続けやすいのは大きな魅力となっています。スティックタイプのパウチなら職場に旅行先に持って行くこともできます。

青汁はまずいものという時代は終わり

テレビの影響からまずいと言われてきた青汁

一昔前までは青汁はまずいものという認識が定番でした。原材料に野菜が使用されているから健康には良いけれど、とても不味くて飲めたものではないといった風潮から、バラエティ番組で罰ゲームに飲まれるようになりました。

テレビの影響力は凄まじいと言えるでしょう。青汁を飲んだことがない方でも、そういった番組を見るだけで、「青汁はまずい!」という強烈な印象を植え付けられたのです。

原材料に野菜が使われているだけの飲み物だということも、まずいというイメージを先行させたのかもしれません。しかし今では状況が全く違います。情報を仕入れるのはテレビだけでなく、ネットから得られることが多くなりました。

情報化社会になったことで青汁のイメージがガラリと変化

時代の変化と共に、青汁は不味いという認識も薄れてきたのです。様々な有名人や芸能人の方たちが青汁に配合されている原材料の野菜は健康にも良くて、とても美味しいと発信するようになりました。

そうして一般人でもSNSや口コミレビューサイトを活用するようになり、青汁の本当の姿が知られるようになったのです。

おまけに今の青汁には栄養価の高い野菜を原材料に含みながら、さらに酵素や乳酸菌が使用されている商品もあり、老若男女問わずユーザーの目的にあったものが選べることも大きなメリットとなっています。

乳酸菌入りの青汁についてはこちらで詳しく紹介しています→お腹の調子を整えるのに最適!乳酸菌入りの青汁がどんな働きをするのか詳しく解説

大麦若葉やケール、明日葉を原材料とした青汁は、今では美味しくて健康や美容にも明確な効果があることが分かっています。昔続けようとして挫折した方も、ぜひもう一度、青汁界に眼を向けてみてください。