青汁を飲むだけで痩せる?さらに人気の青汁ダイエットには嬉しい副産物が沢山

1日に必要とされる野菜の量を、通常の食事だけで摂取するのは難しいという人は少なくないはずです。その場合は補助的に青汁の飲用が推奨されます。食物繊維を摂ることの重要性は後段で詳述しますが、それ以外にも青汁で痩せるのは非常に効果的です。

青汁で痩せる方法とメリット

手軽で人気の青汁ダイエット法

青汁は野菜不足を補うだけではなく、有効なダイエット食品にもなり得ます。青汁で痩せることができる理由とは、どういったものなのでしょうか。

ここがポイント!
それは青汁に多く含まれている、食物繊維がダイエットに効果的だからです。青汁で痩せるためにはこの食物繊維が重要な鍵を握っていると言えるでしょう。

厚労省は1日に350gの野菜を摂るように推奨していますが、これによって摂取できる食物繊維が成人病対策に有効だからです。そればかりか野菜にはダイエットや美容効果が期待できます。

青汁で痩せる前に、まずしっかり自分の食生活を見つめなおす必要があります。しかし実際には推奨されている量の豊富な野菜を毎日食べるのは、決して易しいことではありません。

野菜を多く食べることが難しい人
  • 一人暮らしの人
  • 外食が多い人
  • 食事そのものが不規則になりやすい人

現代人は慢性的に野菜が不足しており、それは生活環境によるものが大きいです。そのため野菜不足を補うためにも痩せることを目的とした場合にも、毎日青汁を摂取するのが有効です。こうした習慣は手軽なダイエットとしても効果的です。

食事制限がないから負荷が少ない

ダイエットのために食事制限をするのはなかなか大変です。たんぱく質・炭水化物・脂肪の量を、理想体重に則ってコントロールし、その範囲に収めなければなりません。

メモ
その点、青汁で痩せることを考えている場合は、飲むだけで効果を実感できるので難しいコントロールはあまり必要ではありません。

特に満腹するまで食べてしまいがちな人や、ストレスを日常的に感じている人は、食事によって発散するという代償行為が必要になっていることが多く、それが強迫的な習慣になってしまいます。

しかし簡単な有酸素運動を心掛け、青汁を毎日飲んでいると、厳密な食事制限をしなくてもかなりの程度痩せることは可能です。

そのため青汁は負担の少ないダイエット飲料ということになり、美容・ヘルスケアの観点からも優れており、比較的容易に痩せることが出来るでしょう。ポイントは食物繊維であり、糖分が脂肪に変換されるのを抑制する、という働きがあるからです。

青汁は痩せるだけでなく様々な効果がある

体質が変わり太りにくい体に

青汁を毎日飲用していると、体質が変化して痩せることが容易になり、太りにくい状態をもたらします。

それは体内に食物繊維が取り入れられると、食事によって急上昇する血糖値を穏やかに抑えるからです。そうすると糖が脂肪に変わる作用が抑制され、新たに体脂肪を蓄積することを阻害します。

メモ
青汁で痩せる効果を期待するのならば、有酸素運動として朝食前などに30分程度の散歩をすれば充分です。
身体の中に代謝すべき食物が存在していないタイミングでは、エネルギーが体脂肪に求められ痩せることができます。つまり青汁によって新たな体脂肪の蓄積が抑えられ、もとからあった体脂肪は有酸素運動で燃焼させられるという理屈です。

こうした体質変化は習慣・継続によってもたらされます。そしてそのような変化に青汁は効果的であり、健康的に痩せることも可能だと言えます。

食物繊維による整腸効果も

青汁に含まれる食物繊維は、腸の調子を整える働きがあります。腸が整うことでスムーズに痩せることができるのです。その理由は、食物繊維が腸内のいわゆる善玉菌のエサになり、善玉菌が増殖することによって悪玉菌とのバランスを良好なものにするからです。

カラダにとって重要な器官である腸をキレイな状態にしておくだけで、驚くほどの痩せる体質が手に入ります。そういう意味でも青汁は積極的に飲みたい健康食品だと言えるでしょう。

しかし反対に悪玉菌優勢の状態ですと、腸内に嫌気醗酵をもたらし、有毒ガスが発生します。このガスは腸から吸収されて血液に混入し、身体中を巡ります。そのため老廃物が体外に排出されず、健康上の問題を引き起こすことになります。
ここがポイント!
青汁を毎日飲んで痩せる環境を保つことができれば、十分な食物繊維を摂取することになり、善玉菌優勢の腸内環境を生成することができます。

腸の運動が活発化して便を後方に送り出し、便秘知らずの体質になります。こうした状態は栄養吸収効果を高めますので、美容・健康に良いことはもちろんです。これが青汁を飲んで痩せるメカニズムであり、食物繊維による整腸効果です。

冷え性にも効果ありとの報告も

身体を冷やすと健康状態が悪化することが知られています。この冷え性にも青汁は効果的であり、女性にとっては痩せるだけでない嬉しい作用に期待できるのです。

冷え性の場合は免疫力が低下しますので、風邪をひきやすくなったりちょっとした怪我などの回復が遅れたり、あるいはガンを引き起こすなどの重篤な健康状態を招いたりすることがあります。

ここがポイント!
野菜を多く摂取すると、身体を温める効果があります。このような状況から見ても、痩せるためだけでなく積極的に飲みたいのが青汁です。

より詳しく見ていきますと、季節に応じて根菜を摂るなどの工夫が必要になることなどに突き当たりますが、野菜不足が日常化している人は、まず青汁を飲用することで食生活を改善することです。

痩せることを目的としている場合はもちろん、青汁を飲むだけで大きな健康状態の変化を引き出すことができます。野菜の摂取、次善の策としての青汁の飲用を日常化すれば、冷え性を改善して免疫力を高めて痩せる体質を手に入れることができます。

飲むだけで口臭や体臭も消える

メリットは痩せるだけでなく、ほかにもあります。青汁を毎日飲むことで整腸作用が高まると、口臭や体臭がなくなっていきます。その理由は実は非常に簡単です。

体臭や口臭が強い原因のひとつは、実は便秘なのです。ダイエットや美容に気を使う人はまず腸内環境を整えることが重要になり、それだけで痩せることや美肌をもたらします。

長時間滞留している便が大腸に存在すると、そこから老廃物や有毒ガスが発生して大腸から吸収されて血液中に送り出されていきます。このような状態の肺に入り込むと、呼吸を通じて悪臭を放出することになります。これが口臭の原因となるのです。

このように痩せるだけでなく、青汁はエチケットにも効果を発揮します。口臭対策は人間関係を円滑にするためのマナーだとも言えます。

メモ
さらにこのような状態の人が汗をかくと、やはり悪臭が発生し、体臭の原因になります。体臭や口臭が気になり始めると、他人と関係を維持することが難しくなります。

そういった意味でも青汁は効果的であり、ただ痩せることを目的として飲むのではなく、習慣化していけば腸内環境が良好になって便秘体質が改善されます、さらに口臭や体臭の原因が取り除かれ痩せることに繋がります。

飲むタイミングは食前が良い

何事にもタイミングというもがあります。青汁を飲む機会を考えることで効果的に栄養を摂取できます。それでは青汁を痩せるために飲むのには、どのようなタイミングが良いのでしょうか。

端的に言えば食事の一番最初に野菜を食べるのが良いのと同様、食事前に飲用するのが一番です。その理由は二つあります。

まず第一に、食物繊維は胃の中に入ると胃壁に沿ってゆっくりとすすむことが知られています。そのため位の内部に常に感じられることで、満腹感を嵩じさせ、しかも長時間それが継続します。

ここがポイント!
青汁の痩せる効果はこういった理由が大きいのです。そして結果的に過食を防ぐことになるでしょう。

第二に、前述の通り食事を開始すると血糖値が急上昇して糖が脂肪に変換される作用が活発化します。食物繊維はこの作用を穏やかにしますので、本格的に食事を開始する前に食物繊維を取り込んでおくのが良いのです。

食前に青汁を飲むことで痩せることが有効な理由は、このふたつの理由によって説明されます。

ダイエットと同時に美肌効果も

青汁を飲むことで肌トラブルが解消

青汁の飲用を習慣化すると、痩せる効果のほかに美肌・美容の効能も得られるようになります。端的に言えば、それは腸内環境が整って便秘体質が改善されるからです。

宿便、つまり長期滞留している便が大腸内にあると、老廃物が腸内から吸収されて、肌の健康状態が著しく低下します。そういった症状が出てきたら、積極的に青汁を飲んで痩せる体質と同時に美肌もゲットしたいところです。

しかし腸内に便が溜まると肌荒れや吹き出物が起きてくるようになります。そしてその回復力も衰えますから、シミやそばかすが肌に残るようになります。青汁には痩せるだけでなく、こういった肌トラブルを回避する効果にも期待できるのです。

反対に食物繊維によって腸内環境が改善すると、そうした肌のトラブルとは無縁になります。こうした体質変化は長期的にゆっくりと、ただし劇的な変化をもたらします。

ここがポイント!
青汁の飲用の習慣化は、毎日安定してたくさんの野菜を摂取するのと同様な効果が得られ、その結果痩せることにも繋がります。

ビタミンに特化した青汁

特に近年の商品にはビタミンを強化するなど付加価値を高めているものがありますので、そうした商品を選ぶと良いでしょう。しかしいきなり商品を購入することは躊躇することもあると思います。そういう場合にはサンプル商品を取り寄せてみましょう。

具体的にビタミンが美肌や痩せることにどのような効果をもたらすのかをご紹介しておきます。青汁を選ぶとき、目的のビタミンが多く含まれているかをチェックしてみてください。

ビタミンの種類 主な効能
ビタミンB群 疲労回復に効果を発揮するので疲れやすい人は積極的に摂りたい成分。糖質をエネルギーに変えてくれるので痩せる効果に期待できる。
ビタミンC 美肌効果がある基本の成分。青汁の中にはビタミンCを多く含んでいることを売りにしている商品も。慢性的な肌荒れを解決したい人に最もおすすめ。
ビタミンE 抗酸化作用(カラダの老化を防いでくれる)がある成分。ビタミンEが配合されている青汁は痩せるだけでなくアンチエイジングにピッタリ。
ビタミンK 血行を良くしてくれるので目の下のクマやくすみに効果的。しかし心臓に疾患を抱えている人はビタミンK入りの青汁は要注意。

ビタミンKが心臓疾患を患っている人に不向きなのは、ワーファリンという血液の流れを良くする薬を飲んでいる場合です。ビタミンKにはこのワーファリンの効果を妨げる作用があります。

青汁生活を長く続けるためには

ダイエットは短期の成果は見込めない

ただしお手軽とはいえ、青汁の痩せる効果に即効性はありません。これは新たな体脂肪の蓄積を防ぐというところに目的がありますので、飲んだ翌日に目に見えて痩せるというのは期待し過ぎです。

メモ
青汁の飲用を習慣化するというのは体質を変化させるということなのですから、ある程度は長い目で見る必要があります。
少しでも早く青汁で痩せる効果を実感したいのなら、既に蓄積した体脂肪を確実に減らして行かなければなりません。あいにく青汁単独ではそうした効果は期待できませんので、有酸素運動を同様に習慣化して痩せる体質になってください。

毎日少しずつ体脂肪を無くしていく取り組みによって、相乗効果が期待できるようになります。ただし遅々として進まないように思えても、継続すれば必ず効果が得られます。

飲みやすいフルーツ青汁で長期間続けよう

生野菜などをサラダで食べる場合は、様々な工夫によって美味しく食べることができ、飽きるということがありません。しかし痩せるために飲む青汁だと、毎日同じ物を一定量の見続けると飽きてしまうということが考えられます。

ここがポイント!
そのようなことがないように、青汁を飲むのにも工夫を加えると良いでしょう。ただ痩せることに注意して飲むよりも、楽しく飲むことを考えていきましょう。

ひとつには果物を混ぜて味に変化をもたらすという方法があります。お手軽に好みの果物ジュースをくわえれば、飲みやすい味になります。

フルーツ青汁についてはこちらで詳しく紹介しています。→多数の芸能人が愛飲!フルーツ青汁にはダイエット・美容・野菜不足解消など効果が盛り沢山

ダイエット中だと痩せるためには甘いものを控えなければいけないという認識がありますが、果物が入った青汁を取り入れることで甘味が食べられ、ストレスの発散にも繋がるでしょう。

ただし、せっかくですから糖分を抑えたジュースを選ぶことがおすすめです。果物は生野菜との親和性も高いので、相性は非常に良いと考えられます。

こうしたジュースを日替わりにするなど工夫すれば、痩せることも楽しくなり、青汁を単調な味で飲み続けるよりは長続きがするはずです。