健康効果が一気に得られる!酵素を組み合わせた青汁には様々なメリットがある

青汁と酵素はベストな組み合わせで、健康効果をフルに引き出してくれます。不健康の原因として冷え性、代謝不良、毒素蓄積などがあり、これらをまとめて解消してくれるのが青汁と酵素です。便秘体質やお腹ぽっこりに悩んでいる方にもおすすめします。

酵素の健康効果とその働きについて

栄養素を取り込むための働きをする酵素

栄養素を体内に効率よく取り込むために役立つのが酵素であり、不足してくると脂肪がうまく燃えなくなります。

いわゆる栄養素の吸収力が低下し、栄養バランスを崩しやすい状態になってしまうのです。それによって脂肪燃焼のために必須なアミノ酸が欠乏し、蓄える体質に変わっていきます。

何をしても痩せないし、肌荒れが解消しないという方は青汁と酵素を飲んでみましょう。酵素入りの青汁なら、これ一つでまとめて悩みを解消できます。

酵素は脂肪・糖質の代謝をスムーズにし、体内毒素も排出してくれます。必要な栄養素をしっかりと補給した上で、不要なものを排出してくれるのです。

ここがポイント!
太らないためにも効率よく栄養素を取り込むことが大切だと言えます。そのためにも酵素を積極的に補給していきましょう。

消化酵素は食べ物の消化を助けてくれる

食べ物の消化をサポートしてくれる消化酵素は、新陳代謝を活性化することができます。代謝が低下してくると、規則正しい生活を続けていても太ることがあるのです。そのためにも青汁を飲むことを心がけるといいでしょう。

太らないコツは年齢相応の代謝を維持することですが、もともと代謝というのは加齢によって低下していくので、20代と40代では痩せやすさがまったく変わってきます。

酵素入り青汁を摂取することで食べ物がうまく消化されるので、栄養不足を予防することもできます。栄養素が欠乏してしまう方の特徴として、冷え性、胃腸のトラブルなどがあります。酵素不足から原因不明の不調や肌荒れが起きることは多いのです。

また、加齢による代謝低下もあるので、特に30代からは酵素をたくさん摂取して対策をしていきましょう。そういった意味でも青汁を飲むことはとてもおすすめです。

代謝酵素によって栄養を体に届ける

毎日栄養バランスには気を配っているのに、なぜか肌の調子が思わしくないという方は多いでしょう。こうした方が注意したいポイントは、代謝酵素を充足させることです。

酵素入り青汁を毎日飲んでお腹の調子を整えていけば、代謝酵素が増えることで栄養供給が促進されます。今までと同じ食事を続けながら、栄養素が吸収されやすい体質に変えることができるのです。

青汁を飲むことで細胞に栄養素を届けることでミトコンドリアが活発になって、脂肪燃焼が促進されるでしょう。それによって体脂肪が減少しますし、血液中の脂質や糖質が減少して綺麗になります。

メモ
血液を綺麗にすることは病気を防ぐ上で一番大切であり、血流サラサラを維持すればほとんどの不健康は抑えることができます。

食べ物についている酵素「食物酵素で胃腸が整う」

食物酵素を充足させることで胃腸が整って、消化機能が高まることでしょう。食べたものをしっかりと消化吸収させることで、習慣病を予防することができます。

不摂生による習慣病を遠ざけることは若返りにもなり、最大のアンチエイジングだと言えるでしょう。酵素が入った青汁を飲むと病気を防いでくれて免疫力が正常になりますし、それによって身体のあらゆるトラブルを予防できるわけです。

酵素は食べ物から摂取するのが一番であり、1日30品目の摂取をおすすめします。いろいろな栄養素を補給することは、ダイエットを促進する基本と言えるでしょう。

食品によって含まれる栄養素は異なるため、なるべく多くの品目を摂取することが大切なのです。酵素入り青汁がおすすめされる理由は、青汁以外の野菜・フルーツを補給できる商品が多いことにもあります。

酵素は野菜や果物に含まれていることが多い

酵素は野菜や果物にたくさん含まれているので、これらの食品を積極的に食べてください。それが無理な場合は酵素入り青汁を飲むといいでしょう。

野菜は1日350g以上を摂るのが理想であり、3分の1程度は緑黄色野菜を食べることが推奨されています。その点、青汁には理想的な野菜の量が含まれています。

カロチンが豊富に配合されており、活性酸素が身体をサビから守ってくれるでしょう。果物はお菓子の代わりに食べるのが好ましく、脂肪や糖質の摂取を抑えることができます。

メモ
野菜や果物はダイエット食材であり、酵素が多いのでお腹の調子を整えてくれるのです。何をしても痩せない人ほど、野菜とフルーツを多めに食べてください。

お腹を元気にすることは免疫向上につながり、太りにくい体質に変えるために役立ちます。食事が不規則な人ほど、酵素入りの青汁で補給するとよいでしょう。

酵素入りの青汁を飲むメリットと効能

青汁と一緒に取れば多くの栄養素を取り込める

野菜やフルーツに青汁を追加すれば、さらに栄養素を効率よく摂ることができます。栄養不足になりやすい人に共通するのは、緑黄色野菜をほとんど食べないことです。

野菜というのは色素が濃いほど栄養価が高いのですが、野菜嫌いの人ほど緑黄色野菜は特に嫌がります。そこで役立つのが酵素入り青汁で、飲むだけで大麦若葉やケールなどの緑黄色野菜を摂ることができます。

青汁に含まれている栄養素群
  • 食物繊維
  • ビタミンB群
  • カリウム
  • カルシウムなど
ここがポイント!
とにかく青汁にはたくさんの栄養素が含まれています。しかも天然素材を原料にしているので、錠剤やカプセル型のサプリよりも吸収性が高いです。

内臓に負担をかけずに吸収されるので、胃腸が弱っている方にも青汁はおすすめできます。酵素入りの青汁なら便秘を解消し、悪玉菌を減少させるためにも役立つでしょう。

酵素が元々入っている青汁を探そう

効率よく酵素を補給するなら、酵素入りの青汁をおすすめします。酵素と青野菜をまとめて摂ることができるので、非常に実感しやすいと言えるでしょう。

メモ
代謝を促進することで肌のターンオーバーも活性化し、シミ・くすみの解消に役立ちます。肌を綺麗にするためには、何よりも食事の見直しが必要なのです。

肌のターンオーバーは毎日生まれ変わりのサイクルを経ています。今まで荒れていたとしても、食事や習慣に気をつけるだけで驚くほどの変化を感じるでしょう。

スキンケアを徹底すれば肌が綺麗になると思うかもしれませんが、外側からのケアには限界があるのです。本当の健康や美容は内側からしか手に入れることができません。

もともと酵素を含有する青汁なら、1日5g飲むだけでお腹の調子を整えることができます。酵素と食物繊維の相乗作用によって、体内から燃焼できる体質に変えていきましょう。

酵素を取り込む際に気になるポイント

酵素は熱に弱い点に注意

酵素は熱に壊されやすい性質があるので、生酵素として摂るようにしてください。サプリや青汁を活用するときは、生酵素として配合されているかを確かめてください。

食物酵素が破壊されてしまうと摂取しても意味のないものとなります。酵素の代謝力・燃焼力、青汁の効能を発揮させるためには、生の状態で摂ることが大切になるのです。

ここがポイント!
青汁も加熱タイプより生タイプのほうがコストは高くなりますが、機能性が低下した酵素を飲んでも意味がないでしょう。

生酵素が含まれた青汁を毎日摂取していると、消化力の向上、目覚めの良さ、などを実感される方が多いです。代謝を活性化させるためにも、目安量の生酵素をコツコツ摂取していきましょう。

メモ
3ヶ月くらいの飲用をすれば実感できる方が多いので、短期間で飲むのを中止しないようにしてください。

青汁には酵素が含まれていない商品がある

最近の青汁は酵素入りが多いですが、酵素が含まれていないタイプもありますので、ここはよく注意して確かめておきましょう。

青汁を利用する方の多くは、便秘解消やダイエット、健康増進などを期待しています。そのためには酵素入りが好ましいため、酵素入りと記載されている商品を選んでください。

体内酵素が作られる量は安定しておらず、加齢によって低下するものです。それゆえ年齢を重ねた人ほど、酵素を補給する必要があります。

若いころは体内で十分に作られますが、30代~40代になるとそうはいきません。代謝力を維持するためにも、酵素入りの青汁をおすすめします。

ダイエットにも効果的であり、お腹周りの脂肪が落ちない方も試してみてください。健康的に痩せることは若返り作用もあり、肌も美しくしてくれるでしょう。

青汁と酵素を効率よく取り込むための方法

用途によって飲む時間帯を変える

酵素と青汁で健康増進をするなら、飲む時間帯にもこだわってみましょう。用途として多いのは健康、ダイエット、便秘解消などでしょう。

飲む用途 飲む時間帯
健康 健康のために飲むのであれば、サプリと同じく食後に飲むのがよいでしょう。食後は栄養素の吸収が活発になるので、ムダなく栄養を取り込むことができます。
ダイエット ダイエットのために酵素入り青汁を飲むなら食前が好ましく、これは食物繊維によって膨満感を促進できるからです。食物繊維は第六の栄養素とも呼ばれており、血糖値の急上昇を抑えるためにも役立ちます。
便秘解消 便秘解消のために飲むなら、食前、食後のいずれでもかまいませんし、お茶の代わりにしてもOKです。お腹の掃除をすることで代謝が上がりますし、デトックスによる美容効果も期待できるでしょう。

このように飲む目的と時間帯を考えることで効率よく取り込むことが可能になり、また、青汁と酵素の持つ働きを存分に活用できるのです。ほんのひと手間加えるだけで、驚くほどの効果を実感できるでしょう。

飽きないように青汁レシピを考える

青汁と酵素を効率よく取り入れるには、やはり毎日継続して飲むことが推奨されています。そこで問題になるのが同じものを飲み続けることで飽きを感じてしまうことでしょう。

毎日同じメニューの食事はどうしても飽きてしまうことがありますし、その点が青汁にも同じことが言えます。青汁を継続できない大きな理由のひとつに、単調な味をずっと飲み続けることが難しいという点です。

ここがポイント!
そこで青汁と酵素を毎日取り入れるためにも、時々作り方に変化を加えてください。水だけでなく牛乳や豆乳に混ぜることでラテ風味になりおいしく飲めます。

さらに青汁とフルーツやヨーグルトを一緒に摂る事で、果物の酵素やヨーグルトの乳酸菌を摂取することが可能です。同時に食べる食品からもたくさん栄養を摂り込みましょう。

青汁に含まれている様々なバリエーション

青汁には多種多様な商品が販売されています。酵素入りはもちろん、フルーツだったり乳酸菌だったり、様々な栄養素が取り込める種類があります。

ここがポイント!
酵素入りでもフルーツに特化した青汁商品だと、とても食事だけでは摂ることが難しいほどの量の酵素を摂取できます。

さらに乳酸菌入りの青汁だと、腸の働きを正常にしてくれる効能に期待できます。酵素と一緒に取り入れることで相乗効果も狙えるでしょう。

こちらでは乳酸菌入りの青汁について詳しく紹介しています。→お腹の調子を整えるのに最適!乳酸菌入りの青汁がどんな働きをするのか詳しく解説

このように様々なバリエーションがあります。購入時には自分の目的にピッタリ合う商品を、口コミやレビューを読んでから青汁入り酵素を選びましょう。そうすることで、より健康効果に期待することができます。