お腹の調子を整えるのに最適!乳酸菌入りの青汁がどんな働きをするのか詳しく解説

腸は免疫細胞の多くが存在するような大切な臓器なので、腸内環境を整えることが体全体の健康にとってとても重要だと言えます。

そしてこのようなお腹の環境を良くする方法として、乳酸菌入りの青汁を飲むことが推奨されます。

善玉菌を増やしてくれる乳酸菌

腸内には環境を良くして健康を守る善玉菌と、体に悪い効果を持つ悪玉菌、そしてそれ自体は悪い作用はなくても、悪玉菌が増えるとこれをサポートすることになる日和見菌の3種類が存在します。

そのため、腸内の状態を良くするには善玉菌を増やして悪玉菌の働きを抑制することが必要ですが、乳酸菌は善玉菌の一種なので、これを摂取することで腸内の善玉菌が増えることになるのです。

メモ
乳酸菌は腸内を弱酸性にするので、これをしっかりと摂るようにすればアルカリ性を好む悪玉菌が住みにくいような環境になって、悪玉菌が減少します。

乳酸菌は他の善玉菌であるビフィズス菌をサポートする面もあるので、その点でも腸内環境を整える働きを持つと言えます。

腸内環境を整える乳酸菌の働きと効果とは?

腸内環境が悪化すると様々な悪影響が起こります。そして腸内環境を整えるには乳酸菌が最適だと言われていますが、どのような働きがあり、どんな風に効果的なのでしょう。

乳酸菌不足は腸内環境悪化の原因

乳酸菌はビフィズス菌と共に、腸内に存在する代表的な善玉菌の一種です。そしてビフィズス菌は加齢と共に減少傾向にあるので、これを補うことが必要になってきますが、乳酸菌はそのようなビフィズス菌を増やす働きを持っています。

メモ
そのため乳酸菌が不足しているとビフィズス菌を増やすことが難しくなり、その結果善玉菌の数が減ることになります。

さらに、乳酸菌には悪玉菌が存在しにくい環境を作るような働きがあるので、これらを減らす効果がなくなってしまうと、悪玉菌が増えることになってしまいます。そして、それによってがんなどの病気の原因にもなるような有害物質が増えることになり、そうなると腸内環境が悪くなる可能性が高くなるのです。

乳酸菌だけでは効果を実感しにくい

乳酸菌は乳酸を作り出して体に良い働きをしますが、熱や胃酸に弱いので、実際に腸まで届くことは少ないと言われています。そのため乳酸菌の入った食品などを摂ってみても、生きて腸まで届くような乳酸菌でもなければ、その効果は実感しにくいと考えられます。

生きて腸に届く乳酸菌はヨーグルトの一部やサプリなどには見られますが、これらの場合でも腸内環境が改善されるまではある程度時間がかかるので、すぐに効果が出る訳ではありません。

乳酸菌の場合にはそれぞれの人の体に合っているものとそうでないものがあるので、自分の体と相性の良い乳酸菌でなければ、なかなかその効果を実感するのは難しいでしょう。

青汁と乳酸菌による相乗効果

青汁と乳酸菌にはどちらも腸内環境を整えるという共通点があります。青汁の場合は日本人に不足しがちと言われる緑黄色野菜を生で絞っているので、野菜に含まれるビタミンやミネラルは勿論、便秘に効果的と言われる食物繊維がたくさん含まれています。

ここがポイント!
とくに青汁の原材料としてよく知られているケールや大麦若葉、明日葉には、健康になるための必要な栄養素がたっぷり入っています。

食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがありますが、水溶性の場合は便を柔らかくして出しやすくしますし、不溶性の場合には腸のぜん動運動を促進することで便秘を解消しやすくなります。また、食物繊維は乳酸菌のエサになるので、これを摂ることで乳酸菌を増やしその働きを高めることになります。

ですから、青汁と乳酸菌を一緒に摂ることで腸内環境は整えられ、便秘はより解消しやすくなるでしょう。便秘の改善を目的としているのなら、乳酸菌が使用された青汁はとても最適な健康食品だと言えます。

青汁は便秘の改善に大いに貢献

乳酸菌と青汁を摂ることで善玉菌が増えて腸内環境が良くなり、老廃物の排出が促進されて便が出やすくなることが考えられるので、乳酸菌入りの青汁の場合には便秘の改善効果が考えられます。

便秘になる原因はストレスや乱れた食生活だと言われています。もちろん根本的に解決することが望ましいですが、そう簡単にいかないのが現代社会を生きている私たちです。ストレスによって便秘になる、さらに便が出ないことがまたストレスになるという悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。

そこで青汁を飲み、腸の働きをサポートすることが推奨されます。青汁には腸内環境を整える働きがあり、豊富な食物繊維やビタミン類の摂取、乳酸菌で善玉菌を増やしてあげると便秘の改善に大きく貢献できるでしょう。

さらに「生きた酵素と青汁」のように乳酸菌と青汁の他に酵素を含むような商品になると、酵素の効果も期待できるでしょう。酵素は体の健康に不可欠な成分で、消化を良くして代謝を促進することで、体全体の健康を守ると同時に便秘の改善にも非常に役に立つと言えます。

乳酸菌だけではなかなか便秘の解消ができなかったような人でも、青汁や酵素の働きが加わることで便秘を治すことができる可能性が高まるので、特に便秘の解消を考えているような人は、この種の青汁を選択肢に入れてみると良いでしょう。

お肌にも良いことが多い乳酸菌青汁

乳酸菌青汁は腸内環境をはじめとして健康に良い効果を持っていると言えますが、美容面でも大きな効果が期待できます。乳酸菌も青汁も腸内環境を整えることで体全体の血行や代謝を良くし、また抗酸化作用によってアンチエイジングにも役立つので、生き生きとした若々しい肌を作ることが可能になります。

悪玉菌の場合は体内の健康を阻害するだけでなく、皮膚の荒れを引き起こすなど、肌に関するマイナス面を生じさせます。腸内で起こった不調はそのまま血液に乗って体全体に流れてきます。それが原因で肌荒れになることもあるのです。

年齢を重ねている女性なら誰もが気になるのが体のサビです。それを防ぐには抗酸化作用のある成分を積極的に摂取していきたいところですが、その点で考えてみても乳酸菌と青汁の組み合わせはとても最適だと言えるでしょう。

腸内環境を悪くすることで食欲がなくなったり、ストレスを増やして睡眠不足になるなど、体全体の健康に悪い影響を及ぼすことになり、この結果、肌のハリや潤いをなくしてしまう可能性が高くなるでしょう。この働きを抑制する乳酸菌青汁は、お肌の健康にも有益と言える存在です。

しかし美味しくない青汁だと飲むことでフラストレーションが溜まりますが、乳酸菌青汁はとても飲みやすいうえに、食後や食前に飲むという決まりごともありませんし、飲む量も1杯なのでストレスなく飲み続けられるでしょう。

免疫細胞増加で強い体に

免疫細胞はウイルスなど、健康を害するものを防ぐ働きを持っており、最近ではがん治療にも用いられたりしていますが、乳酸菌青汁を飲むことでこのような免疫細胞を増やす効果が期待できます。

乳酸菌の場合は免疫細胞がいつでも活性化できるような状態にすることが可能であり、青汁の場合には含まれているビタミンCなどの栄養素に免疫力を強化する作用があるので、これらを一緒に摂ることで、風邪などのウイルスを除去したりがん細胞を攻撃したりして、いろいろな病気から体の健康を守る力をアップすることが可能になります。

乳酸菌青汁の大きな効果として、腸内環境を整えることが挙げられますが、腸には免疫細胞の6割が存在すると言われているので、その点でもこの種の青汁は免疫細胞の増加と免疫力の向上に役立つと言えるでしょう。

もちろん免疫力を高めるためには、生活習慣を改めたり食生活の改善も視野に入れてください。青汁と規則正しい生活、栄養満点の食事を毎日取ることで、いつまでも元気で過ごすことが出来るでしょう。

乳酸菌入りの青汁でも酸っぱくない商品がたくさん

乳酸菌と言えば酸っぱい味を連想する場合が多いのですが、青汁に入っている場合は酸っぱくない商品が多数あって、飲みやすい味を探すことができます。

飲みやすい風味がブレンドされた青汁

乳酸菌青汁の中でもおいしい味で人気商品が「極の青汁」です。こちらは抹茶と煎茶がブレンドされており、香りは緑茶を思わせる匂いになっています。非常にすっきりとした飲みやすい味なので、毎日継続して飲むのに適した味だと言えるでしょう。

ここがポイント!
さらに残留農薬をチェックしているので、安心して家族みんなでおいしくいただくことも出来ます。
定期コースで買った場合は通常よりもお得な割引価格になり、毎回送料無料で届けてくれるという嬉しいサービスや、セットで購入すればさらにお買い得になります。注文するときにこういった特典がある場合は、積極的に利用しておきましょう。

この他でも乳酸菌青汁の場合は栄養価の高い飲み物であると同時に、飲みやすい味を心掛けているところが多いので、乳酸菌入りのヨーグルトの酸っぱさが苦手という人も、乳酸菌というだけで避けるのではなく、いろいろな商品を試して自分の好きな味を探してみることをお勧めします。

牛乳に溶かせば抹茶オレになって飲みやすくなる

乳酸菌青汁の場合、粉末を水で溶かすという方法もありますが、牛乳に溶かして飲むと程よい甘味が感じられ、乳酸菌の酸っぱさや青汁の苦みなどを心配せずに飲むことができます。

例えば世田谷自然食品の「乳酸菌が入った青汁」のように抹茶が配合されているタイプだと、抹茶オレを飲む形になるので、栄養的に優れているだけでなく、飲み物としてもその美味しさを楽しめる可能性が高くなります。

ここがポイント!
抹茶風味が好きな方にはとてもピッタリな青汁だと言えます。もちろん青臭さなんてありませんので、初めて青汁を飲むという方にもおすすめです。

また、牛乳は骨や歯をつくる貴重な栄養素であるカルシウムを豊富に含んでいますが、青汁と一緒に飲むとカルシウムの吸収率が上がるので、そちらの効果にも期待できます。さらに、牛乳にはこの他にも血行を良くしたり便秘を解消するなどの働きもあるので、その点でも乳酸菌青汁と一緒に摂ることは健康面で大きなプラスになると言えるでしょう。

ヨーグルトを遥かに超える乳酸菌量

乳酸菌と言えばヨーグルトを連想することが多いはずですが、乳酸菌入りの青汁の場合にはそれよりも非常に多い乳酸菌が入っている場合がよくあります。ヨーグルトでは含まれる乳酸菌は100gあたり10億個程度が多いようですが、乳酸菌青汁の場合には約100億個以上の乳酸菌を配合しているものもあります。

例えば「えがおの青汁乳酸菌」では、1包で135億個もの乳酸菌を摂ることが可能になっています。さらに使用されている植物性乳酸菌は植物由来の安心安全な菌であり、動物性乳酸菌と比較してもとても強いのでしっかりと腸まで行き渡ってくれます。

乳酸菌を十分に摂りたいと思う場合は、様々な乳酸菌青汁の情報を集め、購入者の口コミやレビューで味などをチェックした上で乳酸菌がたくさん入っていて好ましいと思えるようなものを選んで購入することをお勧めします。

ここがポイント!
なお、このときは乳酸菌の数だけでなく、青汁の素材の成分や製造過程、安全性などについてもしっかりとチェックすることが大切です。