青汁ダイエットでヘルシーに痩せよう!青汁の選び方や飲むときのポイントとは?

青汁ダイエットは飲むだけで痩せるとして画期的な方法です。優れた栄養価を誇っている完全栄養食であり、1日5gでも実感できるほどです。

代謝不良による肥満に悩んでいる方に特に適しており、リバウンドせずに減量することが可能となります。

青汁ダイエットの方法とは?

青汁ダイエットの魅力はヘルシーであり、カロリーをほとんど気にする必要がないことです。もともと野菜は非常に低カロリーであり、野菜を食べて肥満になることはまずありません。

これは青汁も同様であり、カロリーが非常に低いにもかかわらず、食物繊維やビタミンはたっぷりと含まれているのです。

青汁ダイエットは青汁を普通のジュースとしてそのまま摂り入れるだけの簡単な方法です。もっと本格的に痩せたい方に対しては、置き換えダイエットをおすすめします。

特に夕食との置き換えはカロリーカットに最適であり、一気に700kcal以上をカットできるでしょう。就寝前に置き換えすることで胃腸を休息させて、本来の機能を取り戻すことも可能になります。

青汁は食物繊維たっぷりで健康的

肥満や脂質異常症、高血糖などの成人病になりやすい人を見ると、食物繊維が欠乏していることが多いです。繊維が不足するとお腹の調子が悪くなるので、代謝にも影響してきます。

さらに体内毒素がうまく排出されないので、毒素の影響で肌が荒れてくるのです。食物繊維はお腹の掃除役として必須であり、野菜にたくさん含まれています。

現代人が食物繊維不足と言われる理由は、野菜嫌い、食の欧米化などが関係しています。昔と比べて野菜の摂取量が減っているため、青汁で補給するのがおすすめなのです。

粉末青汁にはたっぷりの食物繊維が含まれているので飲むだけで健康を増進できるでしょう。肥満体質を解消したい人のためにも、食物繊維たっぷりの大麦若葉やケール青汁をおすすめします。

脂肪を燃やしてダイエットを成功させよう

ダイエットの成功の秘訣となるのは、いかに効率よく脂肪を燃やしていくかです。若いころは速やかに脂肪が燃焼してくれますが、中年世代になると食べたものを溜め込むようになってきます。

基礎代謝が低下することもあり、必要となるカロリーは減少してくるのです。脂肪がうまく燃えなくなると体重が増加し、特にお腹周りのぜい肉が気になるようになります。

ダイエットを成功させるためには、脂肪を燃やしていく対策が必要です。青汁を毎日飲んでいると、人によっては空腹を感じやすくなるかもしれません。

これは胃腸機能が元気になっている証拠であり、代謝力が上がってカロリー代謝がよくなっているのです。脂肪が燃えなくて困っている人は、1日10g程度の青汁を飲んでみましょう。

青汁を飲むときはなるべく常温で飲もう

 

青汁は冷たくして飲むのがおいしいという方が多いですが、お腹を冷やす要因となります。常温で飲むことで胃腸を冷やすことがなく、代謝低下を抑えることができます。

代謝は体温と密接に関係しており、身体が冷えると代謝も低下してしまうのです。肥満の人に冷え性が多いのは、代謝低下によって脂肪を蓄えやすい体質に変わっているからです。

理想的なのは一度沸騰させた白湯を使用することです。飲むときに100ml程度の白湯で溶かすようにしてください。

3~5gを100mlの白湯に溶かすのが目安ですが、お好みによって濃さを変えても問題ありません。

一度に大量に飲むのではなく、複数回にわけたほうがより効果的です。飲むタイミングとしては食事・おやつのときが好ましいでしょう。

食前に飲めばより効果的に

青汁の機能性を高めるには、食前に飲むのがいいと言われています。どのような栄養素にも言えることですが、飲むタイミングによって吸収性は変わってきます。

ドリンクタイプの健康食品全般は、空腹時に飲むのが一番吸収されやすいのです。粒タイプのサプリは食後が好ましいため、形状によって飲むタイミングを変えていく必要があります。

青汁には豊富な食物繊維が含まれているので、食前に飲むことで肥満対策にもなります。肥満になりやすい人に共通するのは、暴飲暴食をする癖があることです。

これを予防するためにも食前に青汁を飲んで、適度に膨満感を得ておきましょう。ドカ食いを避ける作用もあるので、特に肉が好きな人は食前に青汁を実践するとよいです。

青汁ダイエットは根気が必要

青汁ダイエットは始めて1日や2日で体重が落ちるものではありません。根気よく継続することが必須であり、目安としては3ヶ月以上と考えておくのがよいでしょう。

最初から3ヶ月は継続すると決めておき、必ずやりきることが大切なのです。無理をするダイエットが身体に悪いのは事実ですが、やる気が低下した状態で続けても体重は落ちません。

集中ダイエットはリバウンドしやすいため、コツコツと落としていくほうが安全なのです。急激に体質を変えるということは、大きな負荷を与えることを意味します。

ここがポイント!
体質は一時的に変えようとすると元に戻す習性があるので、時間をかけて変えることが重要です!

青汁ダイエットは急がず焦らず、根気よく継続して成功させてください。

食事制限にも青汁がぴったり

痩せるための王道は昔も今も変わりなく、食事制限をしっかりとすれば落ちていきます。運動をほとんどしなくても、摂取カロリーを減らせば減量できるのです。

人間には基礎代謝が備わっており、何もしなくても体重は落ちていきます。黙っていてもカロリーは消費されるので、摂取カロリーを抑えていけば自然と減量していきます。

食事制限で失敗する原因は、食べたいものを我慢しすぎることです。青汁を利用して食事制限をすれば、食べながら痩せることも可能となります。例えば、食前に粉末青汁5~10gを摂るだけで、食べすぎを防ぐことができるのです。

暴飲暴食をする癖を解消するには、ストレスを溜めない食事制限が必要になってきます。青汁で食物繊維を補給して、お腹を適度に膨らませていきましょう。

青汁の選び方も重要なポイント

 

痩せるためにはどんな青汁でもよいわけではありません。一番大切なのはおいしいことであり、口に合わなければ継続ができません。

毎日飲むためには自分自身がおいしいと感じることが何より大切なのです。おいしいものは飲み忘れるリスクが低く、自然と飲みたくなるので思い出します。

青汁の定番原料は大麦若葉とケールであり、この2つから選べば失敗はないでしょう。少し変わった原料だと桑の葉、明日葉などがあり、ほかにも乳酸菌や酵素を配合したタイプなどもあります。

ダイエットのために利用する方が多いですが、肥満の原因によって使い分けることも重要でしょう。例えばお腹の調子が悪くて痩せないのなら、食物繊維や酵素が多く配合された青汁を選ぶとよいです。

青汁ダイエットで気をつけたいこと

青汁ダイエットは普通に実践している分にはまったく問題ありませんが、たまに飲みすぎてしまう人がいます。1日の目安量は15gが上限とされていますが、50gなどと大量に飲んでいる人もいるのです。

50gというのは生の野菜に換算すると500gもの量になります。青汁が身体によいと言っても、こればかり摂取していると栄養バランスを崩すことになるでしょう。

また青汁にはたくさんの食物繊維が含まれているので、飲みすぎるとお腹がゆるくなります。お腹の調子とも相談して、飲む量を調整していくのが好ましいです。

最初は1日3gくらいから始めてみて、体調を見ながら増減していくとよいでしょう。一度にたくさん摂るのではなく、毎日少量ずつ継続させることが重要なのです。

青汁のアレンジレシピでおいしくダイエットしよう

最近の青汁は飲みやすくなっていますが、それでも毎日だと飽きてしまうでしょう。飽きないためにはアレンジレシピを複数考えておく必要があります。

普通に飲むなら水道水やミネラルウォーターで溶かすのがよいですが、冷水よりは常温の白湯が好ましいです。

抹茶ドリンク風味に
牛乳・豆乳
トッピングにも
乳製品全般(ヨーグルトなど)・アイスクリーム
おいしくダイエットすることが成功率を上げてくれるので、決して無理をしないようにしましょう。
無理をする方法というのは、非常に成功率が低くなってしまいます。コツコツと継続できることが大切なので、おいしい飲み方にはこだわりましょう。